2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【微笑みを】宇宙警備隊員養成所No.5!!【繋ぐ世界】

1 :総監の東です:2007/02/18(日) 22:08:06 ID:bj9H9Syd0
タロウ「メビウス、ネタスレ5つの誓いを言ってみろ!
メビウス
   「1つ!長くなる投稿のタイトルはナンバリングすること!」
   「1つ!ネタでもHなのやグロいのは避けること!」
   「1つ!僕たちのゾフィー隊長は常に尊敬すること!」
   「1つ!ウルトラ兄弟の絆は永遠のものであること!
   「1つ!連投で感想を書く時間を削らないこと!」
   「1つ!気に入らないネタは文句を言うんじゃなくてスルーすること!
   「1つ!自分が気に入らないネタという理由で文句を言う奴はスルーすること」
タロウ「よし、では今日も特訓だ!」
メビウス「教官!大変です!
タロウ「おっと、5つの誓いじゃなくて6つの誓いだったな。私とした事が(照笑)」
メビウス「それが・・・7つになってます!!(><)」
タロウ「Σ(゚д゚lll)」

まとめサイト
 ttp://blog.goo.ne.jp/good_morning_2003t
 ttp://wiki.livedoor.jp/yapool/d/FrontPage


スレ4【命令だ!】宇宙警備隊員養成所【喜んで!】
http://tv9.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1166977311/l50
スレ3【特訓だ!】宇宙警備隊養成所【喜んで!】←容量オーバー?
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1162979167/l50
スレ2【悲しみなんか】宇宙警備隊員養成所【無い世界】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1159559849/
スレ1:【タロウ】宇宙警備隊員養成所【メビウス】
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1155709190/


2 :名無しより愛をこめて:2007/02/18(日) 22:15:04 ID:FiYO51W00
>>1
だから過去ログは本スレのまとめを使えと。

3 :名無しより愛をこめて:2007/02/18(日) 22:15:48 ID:PcEi16hi0
>>1乙!

4 :デスレム:2007/02/18(日) 22:42:36 ID:H2YKyMq50
>>983
前スレの983の超獣ども
皇帝陛下の暖かい御厚情により地球侵略後も貴様等の学校の存続が決った!!
これも邪将ヤプールが自分の亡くなった後の学校の事をよろしく頼むと
皇帝陛下に嘆願したからだ、ヤプールと皇帝陛下に感謝するんだな

・・・・まったく何でヤプールなんかのためにこんな事をしなくてはならない
只でさえ来週の作戦準備に忙しいのに
皇帝陛下の気まぐれにも参る

5 :皇帝のきまぐれ:2007/02/18(日) 22:57:11 ID:NJH+kh95O
???「ヤプールがやられたか・・・どうせまたいずれ蘇るだろうがな」
メフィラス「はっ・・・これで四天王も三人になりましたな」
???「うむ・・・ところでメフィラスよ」
メフィラス「何か」
???「八卦衆とか13人衆とか格好いいと思わないか」
メフィラス「・・・いえ」???「そうか・・・ならやめておこう」

6 :名無しより愛をこめて:2007/02/18(日) 23:00:00 ID:fn4+Xdo20
>>1乙!

>>4
ヤプール様…(ノД`)皇帝もええ人やな。

7 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 00:23:46 ID:HLQygqp90
ヒルカワは悩んでいた
今まで何件もの記事を書いてきた
特に、最近は怪獣が頻繁に現れる為、GUYS関係の記事は良いネタだった
今まで以上の凄いネタが入ったと編集部に連絡したら、場合によってはボーナスを出すと、編集長に言われた
だが、記事のタイトルを考えてから本文が書けない
今まで何件ものゴシップ記事を書いてきた。罪悪感なんか微塵も感じた事は無かった。
それなのに、今回ばかりは文字が進まない
(どうしちまったんだ?一体・・・)
彼の脳裏には、あの男、ヒビノミライ=ウルトラマンメビウスの瞳が浮かんでいた
例え、銃で撃たれても人を信じようとし、
異次元から戻った時もただ純粋に自分に向かって良かったと言って来たあの瞳が。

気づいた時には、彼は携帯を握り、電話をかけていた
「あ、編集長ですか?スイマセン、この間言ってた新しいネタなんですけど、アレ、無かった事にして貰えませんか?」


8 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 00:36:50 ID:ZzHso/Hg0
>>7
ちょっと彼への考えを変えてみようと思った、GJ

9 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 00:56:47 ID:aCFu7eOX0
>4
ブー先生「・・・・という事だ(感涙)」
バキシム「ヤプール様ぁぁ!(号泣)」
ベロクロン「よぉし、テメエら、ヤプール様と皇帝様の気持ち、無駄にするわけには行かない!」
ドラゴリー「おう!早速マリア2号ぶち壊してくるぜ!」
ギーゴン「じゃ、じゃあ私は皇帝陛下を称える曲を作曲します!」
改サボ「良かったな、超獣に協力関係にある人間も特別に侵略対象から外してくれるって」
改ベロ「さすがだな、ヤプール様が従っただけの事はある!」
オイル「じゃあ、白菜農園を学校に移さなきゃ」
ベロクロン二世「もう二代目がどうとか言ってられないな!」
マッハレス「だな!でも俺の方が格好良いけどな!」
ジャンボキング「お前ら、大事な事を忘れるな!」
超獣軍団「>1さん、乙!」


10 :トップ屋稼業:2007/02/19(月) 01:06:44 ID:i0FmwV/C0
ウルトラマンメビウスがGUYSの隊員だった!このスクープは
残念ながらボツになっちまった。
デスクから「お前が見ただけじゃ話にならん」と言われた。
チッ・・まあいい。確かにヤツがメビウスなんだ。これから
ウラを取ればいいだけの話なんだから。
GUYSにいるイカルガは俺をハイエナ呼ばわりしたが、とんでもない話
だ。俺は市民に真実を伝えるトップ屋なんだ。それに読むヤツがいるから
俺の稼業は成り立ってるわけで。あんな素人集団に日本の防衛を任せて
良いのかっていう怒りもある。
それにしてもあのミライって化け物・・簡単に騙せそうだな。こっちが
下手に出れば案外、簡単にボロ出してくれそうな気がする。
ヤツのお陰でマンションと車のローンは心配なさそうだな。GUYSに
揺さぶり掛ければ口止め料をむしり取れるかも・・
一本どっこのトップ屋の怖さを教えてやるとするか・・


11 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 03:02:13 ID:BxLv9cyW0
ヒルカワは町を歩いていた。
どのようにしたら、最も効果的に、そしてセンセーショナルに、
このスクープを広められるかを考えながら。
ブツブツと呟きながら歩くヒルカワの前を二人の男が歩いている。
もし、今のヒルカワの心が、GUYSジャパンのヒビノミライがウルトラマンメビウスであるという事に
囚われていなければ、その二人の男の出で立ちに違和感を覚えるはずだ。
だが、ヒルカワは気付かない。
不意に、二人の男達は、踵を返すとヒルカワの方へと歩き出した。
二人の男が自分の進路をふさいで、初めてヒルカワは、その奇妙な出で立ちの男達に
気が付いた。
「なんだ、こいつら…?」
関わり合いになることを嫌ったヒルカワが、男達をよけて歩き出そうとすると、
男の一人がヒルカワの進路をふさぐように腕を伸ばしてきた。
「なんだ、お前、なんのつもりだ」
ヒルカワが男に食ってかかった時、もう一人の男がヒルカワの顔の前に
何かを突き出してきた。
ヒルカワの視線が、突き出されたものに移った時、閃光がヒルカワの顔を包んだ。

ヒルカワは歩いていた。
このスクープをどのように発表すれば自分の名を売り、金を得ることができるかを。
ヒビノミライについてのスクープを…
「…あれ?ヒビノミライの何についてだ?」
ヒルカワは考えた。
ヒビノミライのスクープの事を。
だが、何も思い出せない。
いや、思い出せない、というよりも何も知らないのだ。
ヒビノミライについての事を。

怪訝そうな顔で立ち尽くすヒルカワの様子を確認すると、
男達は何事もなかったかのように歩き始めた。

黒ずくめのスーツ姿の二人の男を、町の人々は気にも留めぬ様子だった。

12 :>>11の訂正:2007/02/19(月) 04:25:14 ID:BxLv9cyW0
中段2行目

×このスクープをどのように発表すれば自分の名を売り、金を得ることができるかを。

○このスクープをどのように発表すれば自分の名を売り、金を得ることができるかを考えながら。

13 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 06:13:48 ID:lrDKK9eiO

>>11
少しホラーだな

14 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 07:16:19 ID:7IqS4QeT0
>>11
メモリーポリス乙

15 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 08:41:30 ID:7XZZKzBO0
MPは確かにあの場合思い出すよなww

16 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 09:52:11 ID:kWCEHfqc0
>>1
乙ー

17 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 13:00:24 ID:xqDwFfv50
>>11
メモリーポリスというより、メン・イン・ブラックだなw。

18 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 17:23:21 ID:e7OxxSzI0
というか石川タロウのセブンとエースだなw

19 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 18:10:10 ID:yaojwolk0
ウルトラマンよ。
代を重ねて地球を愛し守る者よ。聞こえるならば、少しだけ耳を傾けてくれないか。
 地球人として生まれ、異形のものとして死んだ私の言葉を。

君も、君の先達達も。此処へ来て最初に善なる魂に触れ、そして外敵からこの星を守ってきた。
使命?それもあるだろう。けれど一人の例外もなく、君たちは地球が好きになった。地球のために命をかけた。
 
 …この地にいるのが善なるものだけではないことは、もちろん知ってはいただろうな。だが。
 じかにその目で見てしまった地球人のあさましさに、君たちは大きなショックを受け絶望すら感じたはずだ。
 愛し信じ慈しむことを知るはずの小さな生命が、恨み憎み裏切る。

ウルトラマンよ。力強き守護者にして大いなる傍観者よ。
 地球人は、地球という箱の中でたくさんの種を殺し絶滅させた。あさましい短慮と行動。
 宇宙にまでその場を広げた時。
君たちは、傍観者から正義の鉄槌を下す聖者と化すのだろうか。

地球を愛せとは言わない。憎めとも言わない。ただ、聞いてくれないか。
 ふかく愛することも簡単に殺すことも慈しむこともさげずむことも。全てを内包してしまっている種が、ここにいる。

 地球人として生まれ、異形のものとして死に、そしてまた地球人として眠る。
 だが、私はずっと一貫して『ジャミラ』だったのだ。

20 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 20:30:54 ID:Vzafd+8lO
>>19
ジャミラ…(つД`)

21 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 20:47:57 ID:R3FnVKcYO
>>19
ウルウル(゚゚。)

22 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 21:25:27 ID:iblGRKZs0
>>1


23 :サッカーチームを作ろう! 1:2007/02/19(月) 21:42:11 ID:mUONZLDN0
タロウ 「サッカーチームを作りましょう!」
ゾフィー「・・・何だって?」
タロウ 「いや、ゾフィー隊長からメビウス・ヒカリまで入れて11人ですから
    ひとつサッカーチームを作ってですね、あちこちと親善試合といきましょう」
ゾフィー「お前・・・80が入ったときに、9人だから野球チームを、とは言わなかったよな?」
タロウ 「・・・」
ゾフィー「・・・お前、もしかして」
タロウ 「はい?」
ゾフィー「メビウスと遊びたいだけじゃないだろうな・・・?」
タロウ 「・・・」
ゾフィー「・・・」
タロウ 「それはさておき・・・」
ゾフィー「(やっぱりか!)」


24 :サッカーチームを作ろう! 2:2007/02/19(月) 21:43:22 ID:mUONZLDN0
ゾフィー「それで、あそこでエースとレオとアストラは何を争っている?」
タロウ 「あぁ、あれはユニフォームの背番号を」
ゾフィー「お前、さっき『作りましょう!』とか言ったが、もう話がそこまで進んでいるのか?」
タロウ 「すみません。ゾフィー兄さんには事後承諾になってしまって」
ゾフィー「以後、事後承諾禁止。それで?」
タロウ 「あ、えぇ、すんなり決まった番号もあるのですが」

ゾフィー   87  (M87光線) 
    ウルトラマン 40  (40周年)
セブン    7  (レジストコード)
タロウ    6  (ウルトラマンbU)
    80     80  (レジストコード)
    ヒカリ    18  (セリザワ「カズヤ」)
    メビウス   ∞  (レジストコード)



25 :サッカーチームを作ろう! 3:2007/02/19(月) 21:44:57 ID:mUONZLDN0
ゾフィー「ははぁ」
タロウ 「で、ちょっと揉めたのが」

    新マン    5  (ウルトラ5つの誓い《レジストコードにちなんだ11は頑なに拒否》)

ゾフィー「・・・頑なに拒否・・・」
タロウ 「それで残りの3人が問題で」

エース 「北斗が7月7日生まれだから、俺は77だ!」
レオ  「私はL77星人なんだから、77だ!」
アストラ「レオ兄さん、それなら私だって77だ!」

ゾフィー「あー、3人とも77が・・・」
タロウ 「えぇ、それで争いに」
ゾフィー「マッタク・・・、おい、エース、レオ」
エ・レ 「あっ、はい」
ゾフィー「77番はアストラに譲れ。それでレオ、お前はウルトラ兄弟の7番目でもあるから、777番にしろ」
エース 「兄さん、それじゃ俺は?」
ゾフィー「うむ。大事なことを忘れてはいかん。常に北斗とともにある、南夕子の誕生日も7月7日だろう。
だからあわせて7777番にするのだ」
エース 「おおっ!」


26 :サッカーチームを作ろう! 4:2007/02/19(月) 21:46:21 ID:mUONZLDN0
タロウ 「・・・というわけで対戦相手も確保できたので、練習といきましょう」
ゾフィー「対戦相手ってどこなんだ?」
タロウ 「夜古学園職員サッカー部ですが」
ゾフィー「何ぃ!」
父   「まぁまぁ」
ゾフィー「・・・何故ここに?」
父   「監督を頼まれた。ちなみにキングがオーナーで、母はトレーナー、マネージャーはユリアンだ」
ゾフィー「は・・・」

アストラ「練習後は、80ンちに集合な!」
80  「だから!なんで私の家なんですか!」


27 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 21:50:24 ID:h83jyAFF0
80家オチって、応用範囲広いなwww

28 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 21:54:11 ID:kWCEHfqc0
これは新シリーズの幕開けとなるか・・・?

29 :名無しより愛をこめて :2007/02/19(月) 22:00:57 ID:vk/6sv4a0
キーパーがエースだったら超獣チームはどうなんだろう?

30 :名無しより愛をこめて:2007/02/19(月) 22:01:52 ID:lrDKK9eiO

>>23
ゾフィーの身体を借りて一言
「ずいぶん急だな」

まぁそうゆうもんだけどw

31 :再会アナザー版:2007/02/19(月) 22:50:09 ID:IbtMt8F00
月で弟にメッセージを送った後、懐かしい声がした。
「星司さん…」「夕子…」
いくら時間があっても語りつくせない、思いが先走ってしまう。
それでも話す、20年前のUキラーザウルスとの戦いのこと、ファイナルクロスシールドを使い、地球人「北斗星司」として
神戸で兄弟と過ごして来た事、舞子ビラでの料理長としての評判、ヤプールの復活、ルーキー、メビウスとの共闘ets

北斗「地球人として暮らしていた所為かな?おかしなことを考えちまった」
夕子「何を?」
北斗「メビウスやGUYSのメンバーにした仕打ちを考えたら、ありえないことなんだが…。今回の企みでヤプールがルナチクスを選んだのは
   俺を月に呼ぶためにじゃないかってね。君と会わせるために。」
夕子「そんなことってあるのかしら」
北斗「奴らは、ヤプールは人間の合わせ鏡のようなものだ。どんな人間にも必ず善の心と悪の心がある。ヤプールにもほんの微かでも
    善の心があって、宿敵の俺に情けをかけたんじゃないか…なんてな、人間として歳重ねたせいか甘くなっちまったようだ。でも
    俺はヤプールに感謝する。最初で最後だろうけどな。」



32 :44話外伝1/2:2007/02/19(月) 23:05:56 ID:vEw7sHfL0
「・・・セ・・イ・・ジ・・・サ・・ン」
「?・・・おまえら呼んだか」
「いいえ。幻聴かなんかじゃないんですか?疲れでもたまってるんじゃないんですか?」
「そ・・そうかもな・・・」
 神戸にあるとあるホテル。ウルトラマンエースこと北斗星司はそこのオーナーシェフをつとめていた。
「なるほど・・・休暇ですか」
「ああ。最近どうも変なんだ。疲れているせいかな?よく私を呼ぶ声が聞こえるんだ・・・
休めば多少はよくなるんじゃないかと思ってね」
「いいでしょう。今はそんなに忙しくないですし、有給もたくさん残ってますからこれを機に消化するのもよろしいかと」
「すまんなマネージャー。じゃ、あとのことはチーフに任せてあるからよろしく」
「かしこまりました」
 広島、ここはウルトラマンエースがその姿を借りた北斗星司と南夕子の出身地だった。
ホテルの一室、ベッドに寝そべりここ数日の幻聴の意味を考える北斗。
「セ・イ・ジ・サ・ン、まさか夕子が呼んでいるのか?!いや待て彼女はいないはずだ。近くにいるはずは・・ないんだ」
テレビのスイッチを入れるとGUYSのフェニックスネストが飛び立ったというニュースを流していた
悪い予感がする・・・そう思った瞬間また北斗の耳に彼を呼ぶ声が聞こえた、しかも今度は今まで以上にはっきりと
「星司さん。月に異変が起きました・・・あの若きものたちを救ってやってください」
「夕子?!夕子なんだな?異変・・・そいつはいったい何なんだ?」
「焦らないで。再びあいましょう・・・満月の夜に」
「満月の・・・夜」
部屋のカーテンを開け、もうすっかり暗くなった空を見る北斗
「・・・・満月・・だな」
 そしてつけっぱなしのTVからはウルトラマンメビウスと見覚えのある敵、エースキラーとの交戦を伝えていた
「まさかヤプールが復活したとでも言うのか!」
北斗は外へかけだした。

33 :44話外伝2/2:2007/02/19(月) 23:06:39 ID:vEw7sHfL0
あては無かった。ただ一つ、月のよく見える場所を求め北斗はかけだした
草木が生い茂る造成地。月に向かい右手を掲げる北斗、その手にはウルトラリング
「おい!何とかしてくれ!!・・・何とかしてくれ・・・異変ってのは何なんだ夕子」
夜空に叫ぶ北斗、そんなときまた南夕子の声が聞こえる
「彼らは月でつかみました、地球に再び邪悪なものを呼び寄せた力の根元を・・・時空波の根元を」
「助けることは、当然できるのだな?」
「ええ。念じてください、彼らの中に聴力の優れた女性がいます。彼女ならきっと星司さんの声を聞き取れるはずです」
「よし!ならば教えてくれ!早く!!」
「いいですか・・・」
 夕子からの話を送り届けた北斗・・・だがその際月にさらなる異変を感じ取った
「超獣?!そうか、阻止しようと言うことか。・・・させるものか!!」


                   「行 く ぞ! 夕 子 !」

34 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 00:52:43 ID:djgnY2v4O
エース「えへ…、えへへへ…」

レオ「…なぁ、タロウ。2〜3日前からエース兄さん様子がおかしくないか?」
タロウ「確かに…。何だかずっとニヤついてるな…」
レオ「敵の本隊が地球に迫ってるって話なのに、ブッたるんどるよなぁ…」
タロウ「いっちょゾフィー兄さんに喝を入れてもらうか!」
レオ「ジープいるかな?」
ゾフィー「そっとしておいてやれ。」
レオ「あ!」
タロウ「ゾフィー兄さん!」
ゾフィー「弟達のピンチには何も考えずに突っ込んで行くくせに、自分自身の事だと1歩踏み出すのに35年もかかるとはな…」

タロウ・レオ「?」

35 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 01:22:02 ID:q3C2KIVZ0
>レオ「敵の本隊が地球に迫ってるって話なのに、ブッたるんどるよなぁ…」
893が憑依してますよ、レオwwwwwwwwwwwwwww

星司さんと夕子さんには永遠に幸せになって欲しいな。
あれは本当に熟年結婚式に見えた(つД`)



36 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 02:05:38 ID:ZkdTTTA40
>>29
やっぱりエースキラーとメビウスキラーがツートップだろうな。

37 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 07:14:30 ID:lJqggidgO
>>19>>31
いい話だ(つд`)

38 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 10:30:19 ID:9ocjAO3N0
>26
ブー先生「と言うわけで、我々もサッカー部を作る事になったのだが」
バキシム「フハハハハ、面白いではないか!」
ガラン「なんでまた、急にそんな事言うかな」
ベロクロン「異次元移動はありなの?」
ブー先生「エースが怖くなかったらやるがいい」
ユニタング「え、なに、エースも出るの?」
ブー先生「ウルトラ兄弟だからなぁ」

ガスゲゴン「エースが出るぞぉぉぉ!!」
超獣達「うわああああっ!」
ドタバタドタグシャッ(←オイルが踏み潰された音)

ドラゴリー「・・・・・・皆逃げちまったな」
ブー先生「仕方ないなぁ。今いるメンバーでサッカー部にするか」

〜夜古学園サッカー部メンバー〜
ブー先生、ドラゴリー、ベロクロン、バキシム、ベロクロン二世、
バッドバアロン、エースキラー、メビウスキラー、オイルドリンカー

エースキラー「おい、二人足りないぞ!」
ブー先生「え?サッカーって9人でやるんじゃないの?」


39 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 10:54:16 ID:FtaN91LB0
>>38勝手に続き
改サボ「嫌だぁぁぁぁぁ!」
改ベロ「何で俺たちが入んなくちゃいけないんだよぉぉぉぉぉ!?」
オイル「しょうがないだろ!あと二人いなくちゃサッカー出来ないんだから・・・」

40 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 15:10:14 ID:6zgpl8CPO
今後の展開が楽しみだ

41 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 17:34:44 ID:Wlc+g9AC0
サッカーと言えば昔ヒーロー達がサッカーやるゲームがあったような・・・。

42 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 17:50:53 ID:ffCAihtM0
ジョージ「あ、アミーゴ・・・・・・」
メビウス(ミライ)「すいませんジョージさん、無理いってコーチをお願いして!」
ジョージ「いや、い、いや、それはいいんだけどな」
タロウ「心配は無用だ、イカルガ隊員!こうして君と同じ大きさになっている」
セブン「ビシバシ指導してくれ!」
レオ「我々はウルトラマンだ、どんな厳しく辛く、血を吐くような訓練も平気だ!」
ジョージ「お、オーライ、よぉし、ではまず、基礎練習からやってみよう」
メビウス「きそれんしゅう?」
ジョージ「ドリブルとか、パスの練習だ。じゃあ、二人一組でパスの練習から・・・・」

セブン&レオ
メビウス「さすがですね、セブン兄さんとレオ兄さん!」
ジョージ「セブンとレオ、特に問題なし、と(テッペイ連れて来れば良かったな)」
ポーン・・・・・・
セブン「おっと!!」
ジョージ「あ、ちょ、ちょっと!今何をしたんだ!?」
セブン「ン?あさっての方向へ行きかけたボールをウルトラ念力で引き戻しただけだが」
ジョージ「駄目だよ、アミーゴ!それ反則!」

一方、ブー先生チームは・・・・・・
メンバー超獣「じゃーんけーんぽーん、じゃーんけーんぽーん」
ブー先生「なにやってんだ、お前ら」
バッドバアロン「とりあえず、二つに分かれて摸擬戦するんでチーム分け」
オイル「あー!御三家(ベロクロン、バキシム、ドラゴリー)が一緒のチームだよ」
バキシム「うむ、これではパワーバランスが悪いな。あみだくじでもう一度だ」
ドラゴリー「紙持ってこーい」
ベロクロン二世「なあなあ、ワールドカップのビデオ見てさ、勉強しねえ?今日はさ」
ベロクロン「賛成、賛成。じゃあブー先生の家に行こうぜ」
改サボ&改ベロ「俺たち、食べ物と飲み物買ってきますね!」
結局、この日は練習せず。


43 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 18:57:15 ID:qmqZ+rwm0
>>41
バンプレストのバトルサッカーだっけ?
あれはウルトラ以外にも、ガンダムやライダー、東宝怪獣が出てたな。


44 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 19:37:21 ID:b0Pc2La80
>>43
ウルトラリーグだったか、ウルトラマンだけのサッカーもあった

45 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 20:48:22 ID:cDZi7i5A0
>>38
ガマス「(理論上)最強の俺を忘れるな!!」
ゼミストラー「お前は…写真部のガマス!?…強かったっけ?」
ガマス「強いに決まっているだろうが(理論上)、何せ…」
ガマス×1000「こんなにもいるんだからなー」
ゼミストラー「そ、そう言えばお前の能力は『増えれば増えるほど強くなる超分裂ー』」
ユニタング「…わ、私より多い」
ガマス×1000「必死で焼き増しして増えたんだよー」
エースキラー「さ、さすが(理論上)最強のガマス…勝てるぞ」

(理論上)最強の超獣ガマス再び、果たしてサッカー対決はどうなってしまうのかー

46 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 20:56:02 ID:1ciXJ4aa0
>>45
ベロクロン「ガマス、おまいフーリガンな」

47 :名無しより愛をこめて :2007/02/20(火) 21:51:57 ID:yMyFdLhz0
ジョージ「とりあえず、こんな感じ?」

┏━┳━┳━┳━┳━┓11 タロウ(攻撃のこと以外考えなくていいです)
┃□┃□┗11┛□┃□┃10 マン(2人とも器用なんで、組み立てはまかせました)
┃□┗━━━━━┛□┃09 セブン(マンさんとペアで)
┃□10□□□□□09□┃08 レオ(2人とも走り回ってください、あとタックル)
┃■■■■■■■■■┃07 アストラ(レオさんとペアで)
┃■■■■■■■■■┃06 ゾフィー(キャプテンなんで全体を見回してください)
┣━08━━━━━07━┫05 80(攻守のバランスを取ってください)
┃■■■■06■■■■┃04 ヒカリ(80さんとペアで)
┃■■■■■■■■■┃03 ジャック(背が高くてジャンプがすごいんで、コーナーのときは攻撃も)
┃05□□□□□□□04┃02 メビウス(若いから走ってみんなのカバーを)
┃□┏━03━02━┓□┃01 エース(対超獣用最後の砦です)
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛


48 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 22:08:45 ID:LMmlWSnl0
ブー先生「えー、では、各メンバーの役割と番号を告げる」

01ガマス(焼き増し分身全員でキーパー。捨て身で守る)
02ドラゴリー(反則隊長。ルール無視で突撃)
03バキシム(ドラゴリーと同じく突撃隊長)
04ベロクロン(二世と組んで妨害担当)
05ブー先生(チームの司令塔、指示を主に担当)
06エースキラー(ツートップ、走り回るべし)
07メビウスキラー(ツートップ、走り回るべし)
08バッドバアロン(口からの突風で、ウルトラチームを妨害)
09ベロクロン二世(初代と組んで妨害担当)
10ゼミストラー(念動力で体の遅いメンバーをサポート、ゴール前最後の砦)
11オイルドリンカー(一応最強レベルとの噂もあるので、他の連中の補佐を)
補欠改ベロ&改サボ(ガマスの焼き増しを実行する)

ユニタング「殆どの奴らが妨害担当ってどういう事よ」
エースキラー「後輩、責任重大だな。得点は俺たちが決めないと」
メビウスキラー「はい!先輩!」


49 :29話 外伝:2007/02/20(火) 22:20:42 ID:wcLyWMC3O
〜タロウ、地球に降下中〜

タロウ「メビウス……どうして、帰還命令を無視したんだ……ええい!!
待ってろ、今愛しの教官が助けに行く……ゴフアァッ!?」

タロウの目の前で、突然爆発発生。
顔面丸焼けの出来上がり。

タロウ「な、何だ今の爆発は……さては、インペライザーを送り込んだ奴の罠か!!
まさか、私の動向を先読みしているとは……恐ろしい敵だ。
だが、この程度で負けてたまるものかあぁぁぁっ!!」




テッペイ「隊長!!
謎の飛行物体が、宇宙機雷ライトンR30マインの包囲網を強引に突破。
凄まじいスピードで、地球に向かって来ています!!」
サコミズ「何だって!?」

50 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 22:55:17 ID:qmqZ+rwm0
教官 自重

51 :名無しより愛をこめて:2007/02/20(火) 23:18:50 ID:FtaN91LB0

タロウ「テレッテッテッテ♪メビウゥゥゥゥス!宇宙警備隊員養成所、ナンバァァァァファイブ!!」
メビウス「どうしたんですか?教官、いったい?」
タロウ「イヤ、このスレが6スレ目だったら、しっくり来たのになぁ、と・・・」
メビウス「?」

52 :ウルトラサッカー 練習試合?:2007/02/21(水) 12:26:52 ID:a7cstTJG0
タロウ「フォーメーションも決まったことだし練習試合といこうか!」
メビウス「じゃあチームを二つに分けて・・・」
???「その必要はないぞ!」
セブン「っ!?何奴!」

ネオス「平成戦隊チームMAX、平行世界より只今参上!」
21・G・パワード・ティガ・ダイナ・ガイア・アグル・コスモス・ネクサス・マックス「同じく!」
ゼアス・ナイス・ゼノン「俺たちサポーターね」
ジャスティス「宇宙正義に乗っ取り私が主審を務めよう」

1 マックス(最強最速でボールを通さない)
2 パワード(ゆったりだがパワーある一撃でボールを止める
3 グレート(パワードと仲良くね)
4 ガイア(アグルと一緒に指示担当)
5 アグル(頭脳派なので皆に指示を)
6 コスモス(守りのルナと攻撃のコロナでオールマイティに活躍。司令塔はガイアグルに任せた!)
7 ティガ(ダブルパゥワー)
8 ダイナ(ダブルパウァー)
9 ネオス(勇士司令部の力、見せてやる!)
10 21(ネオスとペアで)
11 ネクサス(マックスと同じく高速移動で斬り込み隊長を務める)

レオ「・・・なんか向こう性能高くね?」
80「強さのインフレの結果か・・・!」
アストラ「?」←そのインフレのお陰で設定面では最強クラスな人

53 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 17:09:06 ID:csk8Rukc0
>>48

??「おっと、雨に強い俺を忘れるなんていけね〜な〜」
Aキラー「あ、バラバ」
バラバ「『あ、バラバ』じゃねーよ、俺は雨に強い超獣、雨天では倍強いぜ」
Aキラー「それってA相手には無力だったような…」
バラバ「そ、そんな事ね〜」

バラバ(守備的MF)が補欠に追加された、雨天だとDEFが上がるぞ

??「そしてこの俺も、超攻撃FWと共に来てやったぞ」
Aキラー「お、お前は郷秀樹!?」
郷秀樹?「そうさ、俺とこいつ…ザイゴンがいる限り負けは無い」
Aキラー「(ザイゴンはともかくお前はな〜…どうせならドロボン連れて来れば良いのに)」

補欠に
郷秀樹?(MF) 能力は低いが出すと一定時間ウルトラマン達を混乱させて能力を下げるぞ
ザイゴン(超攻撃型FW) 守備もパスも苦手だがドリブルによる突破力に優れているぞ
が追加された

54 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 17:54:28 ID:1dtoAkJo0
>>52
マックスはダークバルタン戦の超巨大化と分身もあったからな…
普通に勝てる気がしない

55 :練習試合1/2:2007/02/21(水) 18:57:27 ID:a7cstTJG0
マックス「さあ勝負だ!ただしこっちが勝てば試合には俺たちが出させてもらうぞ!」
ヒカリ「な、何だと!くっどうすれば・・・」
エース「やろう皆!こんなところで負けてちゃヤプール超獣軍団には勝てないぞ!」
マン「おおエースがいつになく燃えている!」
ゾフィー「ふ・・・なら私も本気を出すとするか!」
ジャック「昭和シリーズならではのいぶし銀パワー、見せてやる!」

しかし・・・
─前半戦─
マン「だ、誰かー!ネクサスを止めろおおー!」

セブン「流石宇宙保安庁の一員!いいトサカを使っている・・・!」

レオ「行くぞアストラ!」
アストラ「レオにいさーん!」
コスモス「フルムーンレクト!」
レオ「!・・・俺は一体何を熱くなっていたんだろう・・・MACを守れなかったというのに・・・」
アストラ「レオにいさーんっ!?」

タロウ・メビウスバーニング・ゾフィー「トリプルバーニングダーッシュ!」
ガイア「スプリームキック!」
アグル「V2キック!」
メビウス・ゾフィー「タロウにいさーん!」
タロウ「二人とも後は任せろ!これでシューッ・・・!?」
超巨大マックス「ピンッ(ボールを弾き返す音)」
ジャック「と、止めろーっ!」
エース「わあああー!」
平成ウルトラマンの力は想像を絶していた・・・!

56 :練習試合2/2:2007/02/21(水) 18:58:51 ID:a7cstTJG0
ジャスティス「ピピーッ!前半終了ーっ!」

ヒカリ「なんて奴らだ・・・」
80「てゆうか何でレオ兄さんは欝入ってるんですか」
タロウ「このままではあいつらに主役の座を奪われてしまう!」
父「誰もそんなこといっとらんがな」
ゾフィー「こうなったら奥の手だ・・・メビウス!私達の力をお前に預ける。必ず、勝て!」

─後半戦─
ティガ「次はどんな手でくるだろう・・・」
ダイナ「このまま勝てるぜ!」
パワード「油断大敵デース」
グレート「・・・!?なんだあれは!」

メビウスインフィニティ「てやああああーっ!」
ネオス「止めろーっ!ぐあっ」
コスモスコロナ「しまった抜かれた!」
ガイア「マックス!」
超巨大マックス「来い!」
メビウスインフィニティ「コスモミラクル・・・アターック!」
超巨大マックス「!!!」
ドンッ!
ジャスティス「ピーッ!ゴール!」

レオ「やったああああ!」
ヒカリ「勝った、勝ったぞ!」
アストラ「レオにいさーん!」
80「わっしょい!わっしょい!」

ジョージ「・・・こんなサッカーアリか?いや、ない・・・」

57 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 19:00:43 ID:F88NCmYz0
模擬戦だね、どちらかというと。
技制限決めたほうがいいっすよ、ジョージさんw

58 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 19:34:57 ID:PbA5mP35O
アストラの脚の鎖とかは反則に使えないかとか考えてたけど、こりゃどうやら、そんな小さいレベルの勝負じゃないな。
サッカーの名を冠した殺し合いだ……

59 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 19:58:16 ID:1dtoAkJo0
超獣軍団にも何か連合チームをぶつけないと勝負にすらならんぞこれは…

60 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 20:06:55 ID:sJlpnKJkO
どーも、23です
なんかスゴいことになってますが、皆さん面白いです
中でも自分が一番ウケたのは、「フーリガン担当」っす

ちなみに自分がイメージしたのは、絵は超闘士激伝で、
雰囲気はかっとびランドかウルトラマンキッズみたいな

61 :名無しより愛をこめて :2007/02/21(水) 21:06:43 ID:Dfd9AfRD0
タロウ「まあその…」
エース「超獣が相手だと思うと」
メビウス「僕は、いつでも全力です」

ゾフィー「超獣キラー3人だな」
80(確か親善試合だった気が…?)

62 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 21:34:42 ID:sJlpnKJkO
80「いや、やっぱり超能力禁止で行きましょうよ。親善試合なんですから」
アストラ「そうそう。友好を深めてさ、試合後は80ンちで仲良く一杯やると」
80「ですからっ!!!」

63 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 21:34:58 ID:NrQVpTaX0
そう言えば確かヒーローサッカーって光線技がシュートになってた気がする。
それで相手を吹き飛ばしながらゴールへと・・・。

エースの必殺シュート
メタリウムシュート・ギロチンシュート(分裂しつつ相手を切り裂きながら突き進む)

超獣達の悪夢再び・・・。

64 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 21:43:33 ID:TIt7kncX0
さ あ 盛 り 上 が っ て ま い り ま し た

65 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 21:46:54 ID:1dtoAkJo0
パワードがインチキ外国人に見えたのは俺だけか

66 :悪夢の練習試合1/2:2007/02/21(水) 21:54:44 ID:5sj3Ry6o0
摸擬戦を盗み見してきたユニタングとガマスの報告を受けた超獣軍団一同。

レッドジャック「はい、バキシムさん笑顔(パシャッ)」
ガスゲゴン「次はドラゴリーね」
バッドバアロン「(しくしく)畜生、なんでサッカー部に入っちまったんだ」
ゼミストラー「(めそめそ)マイナーから脱出できると思ったからだろ」
ベロクロン二世「(ぐずぐず)俺もう二代目とかいいから歯科医か何かに転職したいよ」
ブー先生「貴様ら、遺影なんか撮ってるんじゃない!」
ユニタング「でも、あれじゃ1000匹ガマスでも勝てないよ。絶望的だ」
改サボ「最悪ボーリングのピンみたいに吹っ飛ばされるね」
ガマス「10000匹なら何とか・・・・・」
改ベロ「踏み潰されて終わりだったりして」
オニデビル「筋力減退豆でも食わすか?」
ブー先生「そりゃ反則だ。・・・・しかし、ウルトラ一族は恐ろしい存在だな」
エースキラー「ハンデを要求したらどうかな。ゴルゴダ星で行うとか」
バキシム「いや、逆にパワーアップするかもしれん・・・・・」
グローザム「貴様ら、何を落ち込んでいるのだ!」
ドラゴリー「うわぁ!ぐ、グローザムの旦那!?」
グローザム「この試合には皇帝閣下も注目されているのだ!とびっきりの練習相手を持ってきてやったぞ!」
マン〜メビウスロボット(装飾品なし)「タァァァーッ!」


67 :悪夢の練習試合2/2:2007/02/21(水) 21:55:49 ID:5sj3Ry6o0
ウルトラロボットを相手に、練習試合を開始したブー先生たちだが――

タロウロボ「メ〜ビウ〜〜〜ス!(ウルトラダイナマイト炎上中)」
ブー先生「止めろ止めろ、おい、止めろって!」
ゼミストラー「無理、熱すぎる!」
オイル「俺が止めてやる!タロウロボ、噛ませ超獣の恐ろしさ思い知らせてやるーッ(ドッカーン)」
バッドバアロン「あーあ、吹っ飛んじゃった」

エースキラー「メビウスキラー!今だ、シュートだ!」
メビウスキラー「はいっ!!」
エースロボ改「あぁん?(ギロリ)」
メビウスキラー「ごめんなさい、ごめんなさい!」

メビウスロボ(インフィニティモード)「トァーッ!シュゥゥゥゥト!!」
ガマス×1000「うわああああ!」
パッカーン
改サボ「ストラーイク、と」

グローザム「ええい、不甲斐無い!私がリーダーになる、私も出る!!」
ブー先生「ちょ、侵略作戦のほうはどうするんですか!」


68 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 22:11:19 ID:YhAqetQ80
おおおお、怒涛の展開だな
ついでに監督にデスレム、っていうのは…?

69 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 22:27:39 ID:1dtoAkJo0
いっそのことイフでも連れて来い。

70 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 22:29:08 ID:53pS13kO0
なんか凄いことになってるw このサッカーネタいいなあ。
ロボの方のタロウはメビウスロボ第一なのか?
本物のメビウスと対面したらどうなるのか見物だなw

71 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 22:39:37 ID:FfYPbIPN0
ドラゴリー「先生!手を使ったらハンドでしょうけどしっぽはどうなるんですか!?」

ツインテール「俺は“どっちでもヘディングあつかい”でいいんでしょうか?」



72 :最強の助っ人:2007/02/21(水) 22:39:38 ID:csk8Rukc0
>>67
??「ふふ、お困りのようですな」
??「デスナ」
ブー先生「誰だ?」
ファイヤー星人「私です」
ファイヤーモンス「デス」
ブー先生「おお、お前達は最強コンビ!!…と言ってもぶっちゃけモンスの方が強いが」
ファイヤー星人「わ、私のアシストが無ければモンスだって勝てませんよ」
ファイヤーモンス「センヨ」
ブー先生「しかしお前達が来てくれるなら、勝てる、エースに勝てるぞ〜」

エースでさえマトモに勝てなかった相手、ファイヤー星人&モンス登場、ちなみに能力は

ファイヤー星人(MF) ファイヤーモンスに対するアシスト成功率99%だ
ファイヤーモンス(FW) 炎のシュートを持つ、ファイヤー星人と一緒だと耐エース属性を持つぞ

ブー先生「後、私も助っ人も呼んでるんだが…来ないな」
改造ベロ&サボ「「ま、まさか奴を!?…確かにジャックにもタロウにも強いが」」

73 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 23:03:31 ID:lnghIcr90
このスレ、最近質が落ちたな

74 :後日談:2007/02/21(水) 23:08:19 ID:a7cstTJG0
マン「ウルトラセパレーション!」
ゾフィー「テレポーテーショーン!」
セブン「ウルトラノックシュート!」
タロウ「ウルトラバケツ!」

メビウス「サッカーって楽しいですねジョージさん!・・・ジョージさん?」
ジョージ「駄目だ駄目だー!超能力禁止!こんなのスポーツマンシップに反するだろ!」
レオ「どうして!」
ジョージ「サッカーというのはだな、鍛え抜かれた肉体のみを使って行う神聖なスポーツなんだ!超能力なんて持っての外だ」
エース「失敬な!このエースが百の光線技を持つ男の称号を得るまでに一体どれだけの苦労があったと・・・」
ジョージ「(無視)それから合体技もご法度!サッカーはチームプレイなんだからワンマンショーになってはいけないんだ!」
メビウス「ごめんなさい・・・」
タロウ「泣くなメビウス!悪いのは言いだしっぺのゾフィ兄さんだ!」
セブン「そうだよゾフィなんかいいよ」
ゾフィ「(´・ω・`)」
ジョージ「自分の体を使う技ならともかく、遠距離攻撃やあからさまなアイテムを使うのはやめること!」

その後
ネオス「負けたよ・・・しかし次の試合は私達も観戦させて欲しい。補欠としても使ってくれていい」
マン「こちらこそ。いい試合をありがとう」(握手)
21「セブンさん、このヴェルザードを受け取ってください。お礼の気持ちです」
セブン「あ、ありがとう・・・(マックスからもマクシウムソードもらったんだけど。三刀流にしろということか・・・)」
ダイナ「俺もダイナマイトを使えるようになってやる!」
アグル「ウルトラ心臓のないお前が使うと死ぬぞ・・・俺の占いは当たる」
ガイア「相手チームの分析とかは僕達に任せてくださいね」
メビウス「試合の時にまた会いましょうねー!」
パワード「イマコソワカレメイザサラバー!」

ジョージ「それからジャスティスさん。今度はちゃんとサッカーのルール覚えてきてくるように」
ジャスティス「すいません(´・ω・`)」

75 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 23:23:27 ID:hMDC+u3c0
ジャスティスはサッカーより野球のほうが詳しいかも

・・・人間態が吹石一恵(父がプロ、弟が甲子園球児)だからってだけですがw

76 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 23:29:14 ID:/sepLwrtO
この番組は、ほっと・もっと・きっと・Mydoの提供でお送りしました。

ウルトラサッカー『模擬戦』 終

77 :名無しより愛をこめて:2007/02/21(水) 23:42:02 ID:n9lFTtkU0
グローザム「超獣チームなかなかいい動きをしているな」
デスレム「だが、戦略がなっとらん!自分がチーム監督ならもっとこう」

メフィラス「ささこちらです・・・???様」
デ、グ「エン・・・・いえいえ???様ご到着お待ちしておりました」
???「うむ、席取りご苦労であった。」
デスレム「ところでメフィ・・・・いやメの字、???様に
     バルタン星人のお面をかぶせるとはどういう事だ!」
メフィラス「我等は宇宙でも有名なのです。もしここに素顔で来たら
      TV局やら宇宙マスコミが押し寄せ観戦どころではなくなるでしょう」
グローザム「それで俺はこのプリズ魔のコスプレさせられているわけか」
デスレム「自分はブニョの格好だぞ、ぬめぬめして構わん、それに貴様は
     顔を一部赤くしただけではないか!!」
メフィラス「ああ、こうすればとりあえず ラッキョウ弟に見えるでしょうからね
      馬鹿な弟もこういう時には役に立つ者です。」
???「みんな余のためを思っての事、おかげでこうやって試合も見られるのだ
    さあ超獣チームの活躍を楽しもうではないか」

78 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 00:11:07 ID:a1ScNfFv0
>>77
デスレムのセリフ
「構わん」じゃなくて「敵わん」では?

79 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 00:13:25 ID:XaxRFgHo0
>>77
あんまり根本的に解決になってない気がするんだけどなー。
下手すると知名度が上がってらっしゃる人まで…。

それともなんですか、メフィさんはサドですか。

80 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 00:13:41 ID:DS+yykBz0
30数年前…

セブン「やれやれ…これでなんとか地球も光を取り戻すだろう…」
ゾフィー「流石に疲れたな…6人で合体しても炎の中はきついきつい…」
新マン「兄さんはウルトラの父をはじめ、関係省庁にベルの使用許可を取り付けるのに奔走してたから
    ほとんど寝てないでしょ? 大丈夫ですか??」
ゾフィー「あ…あぁ…なんとか…な…」
エース「バードンにやられた傷もいえてないのってのに、大変でしたね」
初代マン「…でも、これ戻すときはどうしような…」

ゾフィー「あ"っ!!」

初代マン「考えてなかったんですか? どうするんです、5人だと無理ですよ」
ゾフィー「う〜ん…今更、タロウを呼び戻すわけにもいかんしな〜…どうしよ」

81 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 00:22:28 ID:DS+yykBz0
エース「あ! ウルトラサイン!!」
新マン「ウルトラの父からのメッセージだ」
セブン「良い機会だから、ウルトラベルを訓練生に公開し…」
初代マン「特別課外授業を組め」


ゾフィー「…と、いうわけだ。お前達、滅多に見れるもんじゃないから、よく見とけ〜!!」

メビウス「すごい!! ねぇ、凄いですね、80先輩!! これ、ウルトラベルですよ!!!
      すごいなー!! ベルって、ほんとはタワーの炎の中にあるんですよね!! それをとってくるなんて、ウルトラ兄弟はすごいなー!!!」
80「…そうだね、メビウス。ベルは本来、タワーの中にあるものだからね…でも…―」

80「私の家に展示しなくてもいいじゃないですか!!」








82 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 01:02:00 ID:3ItEJOAO0
80受難だな

83 :試合開始!1/2:2007/02/22(木) 01:28:30 ID:DpH9oRjB0
――超獣チーム控え室
ブー先生「いいか、グローザム様の訓練を思い出せ!」
バキシム「フハハハハ、豪将の教えを受けた我々に勝てる者などいないのだ!」
改サボ&改ベロ「ガマス軍団10万匹、準備完了です!」
バッドバアロン「しかし、光線技やアイテムが禁止になって助かったよなぁ」
ベロクロン「だよな。これでギロチンもウルトラブレスレットも怖くないな」
ブー先生「いいか、ガマス作戦も、突風作戦も向こうが光線使ったりアイテム使うまで封印する!」
メンバー一同「了解!」
ブー先生「我々は超獣だ!並みの怪獣とは比べ物にならない事を思い知らせるんだ!」
ゼミストラー「(こそこそ)なあ、お前ルール知ってるか?俺、教えてもらってないけど」
オイル「(こそこそ)ボールに手で触れないで、相手のゴールに入れる、それだけで十分でしょ」
ブー先生「よぉーし!!試合だ、ヤプール死すとも超獣死なず!ヤプール様の弔い合戦だ!!」
メンバー一同「おおーっ!」


84 :試合開始!2/2:2007/02/22(木) 01:29:47 ID:DpH9oRjB0
――前半戦
ウルトラマンゼアス「さあ始まりました、ウルトラ超獣親善サッカー対戦!実況は私ゼアスと」
トロンガー「一応超獣仲間のトロンガーで行います」
ゼアス「さて、最初はウルトラチームがボールを動かしています。ボールを持っているのはレオですね」
トロンガー「レオ、バキシムをかわします。超獣軍団は動きが遅い連中が多いのが弱点です」
ゼアス「超獣軍団、早くもピンチ!レオ、メビウスにボールを渡しました・・・・が!」
トロンガー「・・・・邪魔に入ったオイルドリンカーの角にボールが命中、パンクしました」
オイル「誰か、角のこれ取って!取って!」
タロウ「もう少し強い素材のボールがいるな」
ジャスティス「仕方ない、ボールが届くまで休憩!」
ブー先生「予備をたくさん用意したほうが良いですね、この様子じゃ」
バキシム「私はヘディング禁止だな、これじゃ」

ゼアス「・・・・・さあ、試合再開!オイル選手の角の一撃はハンドと同じ扱いになりました!」
トロンガー「メビウスvsガマス、緊張の一瞬です」
タロウ「タアアアアッ!(ドンッ!)」
ガマス「うおわっ!(バスンッ!)」
ゼアス「決まりました!ガマス、ボールを掴みましたが弾かれました!!」
メビウス「やりました!教官、僕、得点入れましたよ!」
タロウ「よくやった!よくやったぞメビウス・・・・って、ん?」
タロウロボ&ウルトラロボ「メビウ〜〜〜〜〜〜ス!!」
ズドドドドド・・・・・・
ゼアス「ふ、フーリガンです!早くもフーリガンの乱入です!!」


85 :ウルトラペディア:2007/02/22(木) 03:36:28 ID:h4ZA9b8A0
   G.A.S(ガイズエアサポート)
 CREWGUYS内の部隊の一つで、基地防衛戦闘機から補給用輸送機、観測ヘリの運用まで担当する航空部隊。特に日本支
部傘下の補助組織の中では最大の規模を誇る。怪獣出現休止期にはGUYSの規模縮小にともなって最小限の活動しか行ってい
なかったが、再び怪獣頻出期に入ったことが宣言された昨年4月より、UGM解体時に定められた「怪獣出現と惑星間侵略活動
に対する全地球的戦力負担条項」により各国軍隊からの一定規模の戦力移譲により現在の規模になった。
 CREW GUYS JAPANには主力戦闘機としてGUYS総本部を通じて合衆国海軍から余剰となったF/A−18Cが配備された。
これらの機体はGUYS独自の武器、運用法に従ってカスタマイズされているが、基本的に通常の機体と変わりないとされてい
る。パイロット、航空要員はほぼ航空自衛隊からの転籍者が占めるが、ごく少数ながら一般からの公募者も存在する。余談なが
ら戦闘機隊隊長の倉島隊長は空自からの転籍組、副隊長の真木副長は一般航空会社からの公募者だが、真木副長は元空自パイロ
ットで二人は百里基地第7航空団第204飛行隊でペアを組んだこともある仲だという。
 少数ながらガンクルセイダーやマットアローも運用されているが、数の少なさから予備戦力的な運用にとどまっているようだ。
メモリアルパレードなどでの過去の機体運用も彼らが行っていることから考えて、予算はともかく技術力、整備力に関しては高
い水準にあるといえる。
 通常のフェニックスネスト周辺の戦闘空中哨戒の他、CREWGUYS出撃時には対怪獣、宇宙人迎撃システムの一環として
後詰めにあたる彼らは地味ながらも地球防衛の盾として重要な役割を果たしている。ウルトラマンやGUYSの活躍も彼ら縁の
下の力持ち達が支えているのである。
                                   出典: フリー百科事典『ウルトラペディア』

86 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 04:00:43 ID:THnnZDXFO

>>85
いいですね〜w

87 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 08:28:49 ID:AJTkW5nRO
80「ふっ、ふふふふ」
ユリアン「?」
80「こーなったら、光の国も地球も、いや、全宇宙がオレ様の家だあっ!」
ユリアン「エッ、80っ!」

88 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 10:19:03 ID:7p3OkvDk0
ユリアン「地球や全宇宙はともかく、光の国は貴方の家に出来るわよ、私と結婚すれば&heart;」
80「あははは(滝汗)」

89 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 11:22:49 ID:a1ScNfFv0
>>84
なんでタロウがシュート決めてるんだ?

90 :84:2007/02/22(木) 17:50:11 ID:OZe0RoMX0
>89
すいません、書き間違えです。

91 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 18:10:50 ID:lfNValkH0
超獣は遅いのが弱点ですか早い超獣と言うと…あ、こいつがいた

サッカー観戦する超獣達
K・カッパー「お、俺にもっと凄い能力があれば…最低でも「水球」なら強いのに」
ドリームギラス「確かに、俺達『水物超獣』はどこでも不幸だな」
サウンドギラー「お前らは良いさ、俺は興奮すると『指示が聞こえなくなるから一緒にプレー出来るか』だぞ」
??「ふふ、お困りのようザンスね」
カイテイガガン「だ、誰だ!?」
スチール星人「ミーに決まってるザンス、ナンーベイを経てヨーロッーッパーから帰って来たザンス」
K・カッパー「お前はスチール星人…ってヨーロッパ!?」
スチール星人「そうザンス、地球では『(サッカー)ボールは友達』と言うらしいから奪いに行ってたザンス」
K・カッパー「(それは何か間違っているような気がする)」
スチール星人「とにかく、最速MFであるミーに奪えぬボールは無いザンス」
カイテイガガン「おお、頼もしい…だが」
スチール星人「だが何ザンス?」
カイテイガガン「お前選手登録されて無い筈だから…多分出られない」
スチール星人「な、何だってザンスー!!」

最速の盗み屋 スチール星人登場 でも出番は(多分)無い ちなみに能力は
スチール星人(MF) SPDが高い、さらにボールを奪う成功率も高い

92 :名無しより愛をこめて:2007/02/22(木) 18:40:16 ID:uc/NsLrs0
ヤプール月 ポップコーン日 砂漠曜日 天気:風船ところにより振り子時計

大事な人と離れていても、こころは一緒にいる。レオ兄さんが教えてくれたとおりだ。
GUYSのメンバーと一緒でなくても、今日ぼくはバーニングになれた。
もちろん、ヤプールに勝てたのはそれだけじゃなくてアヤさんのおかげでもあるんだけど。ありがとう、アヤさん。

だけど…ヒルカワさんのことを考えると、気が沈んでしまう。蹴られたことや撃たれたことよりも、あの言葉がショックだった。
ぼくは…ばけもの、なんだろうか。
たしかにぼくは地球人じゃない。でも、地球が好きで地球の生き物が好きで…今まで出会った、皆が大好きなんだけど…。
あの言葉を言われたとき、確かに一瞬頭をよぎった。…ぼくは、何のために…?

よそう。アヤさんとヒルカワさんを守れてよかった。それでいい。アヤさんが言ってくれた「白馬の王子様」、すごく嬉しかった。それで十分だ。
GUYSの皆がもうすぐ帰ってくる。迎えにいって、おかえりなさいを言ってこなきゃ。きっと、それでもっと元気になれる。

 今日のパン:目玉焼きのせやきそばパン。新鮮な卵で焼いた目玉焼きがのっている。ちょっと目玉が飛び出してるみたい。あとで食べよう。

  タロウ「ああああああ!!!メビウスが!私の可愛い素直なメビウスが、人間不信になりかけているう!」
  レオ「ありゃ〜…。まあ、地球に行くと遅かれ早かれ経験するんだよなー。特に擬態形式だとなぁ。上手く消化できりゃいいけど」
  タロウ「あああ!!メビウスぅ!ううう。こんなときにそばにいてやれないなんて…素直で健気な子なのにーっ」 
  アストラ「てか、はるか光の国から日記盗み見されてること知ったら、余計に人間不信になるんじゃない?」
                             
      間。

  レオ「…あ、あのなアストラ。誰も受けきれないようなストレート剛速球な指摘を、さらっとかますのはどうかと思うぞ。兄として。
    あーあ。すっかり硬直しちまって…おーい。聞こえてるかー?タロウー?」
  アストラ「?」←全く悪気なし。

93 :試合再開:2007/02/23(金) 00:09:52 ID:JlIXFvR80
ゼアス『さ、さて。フーリガンを追い出し、試合再開です』
トロンガー『今度もボールはウルトラチームです。超獣軍団劣勢ですね』
ドラゴリー「こんにゃろ!(ドドォーン)」
ゼアス『あーっと!ドラゴリー、空高く飛び上がって着地!振動でボールがアストラから離れました!』
トロンガー『ボールは超獣チームに!メビウスキラーとエースキラーのツートップが走ります!』
ゼアス『キラーコンビはウルトラ兄弟と同じ力を持ってますからね、強いですよこれは』
トロンガー『80、ヒカリが邪魔に入ります、エースキラーが蹴り上げたボールをメビウスキラーが受け取りました!』
ゼアス『メビウス、メビウスキラーと一進一退の攻防!しかしゴール前にはオイルドリンカーがいます!』
メビウスキラー「噛ませ石油、シュートだ!(ポーン)」
オイル「あのさ、あんた帰ってきたウルトラマンなの?ジャックなの?どっち?」
ジャック「ちょっと今そういう話してる時じゃ・・・・・・」
オイル「(ポコンッ)あいてっ・・・・・え?」
ゼアス『・・・・・ボールはエースが受け取りました。オイル選手、両キラーに総攻撃受けています』
ブー先生「選手交代!ザイゴン、ザイゴン出場!」

デスレム「あ、あの馬鹿者!」
グローザム「だから外せとブー先生には言ったのだ」
???「・・・・ところで、三番目のウルトラ兄弟の呼び名はは帰マンかね、ジャックかね?」
メフィラス「陛下、それは大宇宙七不思議のひとつでございます」


94 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 01:58:19 ID:eaTuVn9n0
>>94
彼はウルトラ兄弟四番目です。

95 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 01:59:21 ID:GGjzL7D40
サッカーネタはどこが面白いの?
元ネタあるなら教えてけれ。勉強すっから

96 :名無しより愛をこめて :2007/02/23(金) 01:59:38 ID:jZNhfhtR0
ゼアス『さて、選手交代も終わりまして、エースのゴールキックから試合再会です』
エース「ディヤァ!!」
トロンガー『これはすごい!相手ゴールまで届く勢いだ!
       …って、これは高すぎますね、誰もあの高さには届きま…』

♪でれってってって タロウ〜〜! ウルトラマン!ナンバーシックス!!

ゼアス『飛んだ〜!?タロウ選手のものすごいジャンプだ!!』
トロンガー『いや、逆光でよく見えませんが、こころなしか光って見えますね
       …光って!?』
タロウ「見てろ、メビウス!ウルトラダイナマイトヘディング!!」

タロウ爆発四散、あげくベンチで一休みしてたオイルドリンカーに引火

97 :原点回帰の特訓ネタ:2007/02/23(金) 03:12:11 ID:fighzTc10
タロウ「さて、もうこのシリーズはネタも尽きたと思われかけているようだがそんなことはないぞ!」
メビウス「今日はどんなことをするんですか?」
タロウ「よくぞ聞いてくれた。今日はそのメビウスブレスの使い方をマスターしよう!」
メビウス「じゃあこの使用説明書を・・・」
タロウ「いいかメビウス、光の国のアイテムはそんなチャチイ物じゃないんだ。全部が全部びっくりどっきりメカなんだぞ。
     よってそんなものは要らん。代わりに今日はこの二代目ブレスレットマスターの私が直に教えてあげよう!」
メビウス「よ、よろしくお願いします!」
タロウ「よろしい。では簡単な使用方法を教えよう。まず、ブレスに意識を集中する」
メビウス「なむみょうほうれんげきょう・・・」
タロウ「よし今だ!ウルトラ・・・バケツ!」
メビウス「ウルトラバケツ!」
タロウ「・・・・・・」
メビウス「・・・・・・出ませんよ」
タロウ「おっかしいなあ〜、作った人組み立て方間違えたのかな。それじゃあ次はウルトラタワーに飾り付けを・・・」
メビウス「できませーん!」
タロウ「じゃあ次は敵に投げつけて・・・」
メビウス「腕から取れませーん!」
タロウ「呪いのアイテムかっ!じゃあ次は・・・」

次の日
『メビウスブレスは不良品なのでお返しします byタロウ』

キング「・・・若いモンにはこれの良さがわからんのだ!」
アストラ「じーちゃん(´;ω;`)」

98 :永遠にタロウ:2007/02/23(金) 10:20:13 ID:hENsKZxHO

タロウ振り向かないで宇宙に彼方に輝く星は
タロウお前が生まれた故郷だ

覚えているかい
少年の日のことを
暖かい眼差しのなかで鍛えた日々を
タロウ振り向くなタロウ

男は涙をみせぬものみせぬもの
ただ明日へと明日へと

永遠に……

(機○戦○ガ○○ムのED曲の少し替え歌)

99 :マリナ独白:2007/02/23(金) 16:02:54 ID:a9bA8xdO0
宇宙空間では音は伝わらない。
だから、あの声は声ではなく、テレパシーの類だったのだろう。
心がつながっていた、のかな。
穏やかな中にも、力強く、勇気を与えてくれた声。
私たちは、その声のおかげで、月から帰還することが出来た。
ありがとう、ウルトラマンエース。


だぁかぁらぁ、黙っておいてあげるねっ。
ルナチクスを倒した後、エース、貴方が大事な人と再会した時の、
貴方の、胸の高鳴りの音のことは。


100 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 18:55:16 ID:rT/lZQOs0
>>97
えぇぇぇぇぇぇぇ腕から取れないのにどうやって返したとッ!?!?

101 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 19:03:39 ID:Uf8J40FM0
>>97
笑ったwww
 >全部が全部びっくりどっきりメカなんだぞ
さすがだタロウ!いつの時代だw
 >「なむみょうほうれんげきょう・・・」
どこで覚えたんだ、そんな意識の集中方法。

 GJ!

102 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 20:49:25 ID:rT/lZQOs0
タロウ「兄さん、失礼します」
ゾフィー「おおタロウか。まったく、お前のウルトラダイナマイトの後始末に追われて大変だぞ。
  メビウスが心配なのはわかるが、お前も子供じゃないんだからもう少し冷静になってくれねば……」
タロウ「はい、それで突然ですが、修行のため家を空けようと思います。しばらくお暇を……」
 ガチャーン!(コーヒーカップが割れる音)
ゾフィー「……な…………なんだってええええええええええええええ!!!!!!!!!!」

ゾフィー「うわああああああああああタロウが、タロウがああああああああああ!!」
父「どうしたゾフィー!?そんなに取り乱して!?」
ゾフィー「タロウが、タロウがいなくなっちゃうぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」
父「な、なんだと!?そ、そんなバカな!!!」
母「そんな、突然どうしたというのです!?ああ、タロウ!!」
レオ「あ、あの……皆さんそこまでうろたえんでも……」
ゾフィー「なんだと貴様ぁぁぁぁぁ!!!!!タロウが心配じゃないのかッ!!!」
レオ「いや、その……」
マン・セブン・ジャック・エース「タロウが家出するだってぇぇぇぇぇぇ!!??」
アストラ「うわ、あんたら地球にいるはずじゃ!?しかも変な風に話が伝わってるし!?」
マン「タロウ!一体何があった、まさか誰かにいじめられたとか!?」
ジャック「ええいどこのどいつだ、俺達のタロウにそんなことする奴は!!」
アストラ「あ、あの……あんた明日出番なんだし、帰ってきてる暇ないんじゃ……」
ジャック「うるさい!!タロウのピンチに黙っていられるか!!」
エース「タロ坊、辛ければ俺に何でも言え!大丈夫、心配はいらないぞ!」
セブン「ほーら、セブン兄ちゃんはいつでもタロちゃんの味方でちゅよ〜?」
レオ(俺の時と別人だー!)
母「ああ、なんと可愛そうなタロウ!」
キング「宇宙警備隊の総力を挙げて、タロウをいじめた奴を探し出すんだ!!」
ゾフィー「許さん、M87光線をお見舞いしてくれる!!」
父「いや、生ぬるい。ウルトラキーを使用するぞ!!星ごと消滅させてくれよう!!」

タロウ「だぁぁぁぁっ!!修行って言ってるだろがぁぁぁぁぁ!!!!」
レオ(タロウの暴走が可愛く見えてきた……)

103 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 20:50:53 ID:rT/lZQOs0
(タロウ、とある修行場にてイメージトレーニング中)

タロウ(兄さん達の言うとおり、最近はメビウス可愛さに自分を見失っていた……
  先週なんて、地球人相手にまで暴走しかけるなんて……まだまだ僕はなっちゃいない。
  決戦も近いというのに、これではメビウスを助けるどころか足手まといにすらなりかねない……!
  一から全てを鍛えなおさなくては……いつまでも怒りに任せてダイナマイトばかりやってられない)
80「あのー……」
タロウ(メビウス、敵は卑劣で狡猾だ。これから君は、かつてない試練の数々を目の当たりにするだろう。
  それに負けずに、人間を信じるんだ。人の醜い部分を受け入れ、心乱すな。
  君の見た人間の汚さもまた、人間の心の一部――そしてそれは、美しい心を引き立てる為にあるのだから)
80「もしもーし……」
タロウ(僕も強くなろう。君の教官として、胸を張って誇れるように。
  だからメビウス、君も頑張るんだ……!)
80「だーかーらー……」

タロウ「うるさいな!!人の修行の邪魔するなっ!!!」
80「は、はい!!」


80「……しくしく……」
父「80!何をしている、タロウの修行の邪魔をするな!」
ゾフィー「ああー心配だ、タロウは大丈夫だろうか」
マン「大丈夫だ、タロウの瞳がかつての頃に戻りつつある……心配はいらないさ」
セブン「ええ、俺達はタロウを見守るだけです!」
エース「兄さん達は応援しているぞー!」
ジャック「うあああ、俺はどうすれば!メビウスも心配だしタロウも心配だし……あああ俺はぁー!!」(じたばた)

レオ「揃いも揃ってタロウの修行の様子見に来て……警備隊の仕事は……」
80「いやだから……ここ私の家……うっうっ」

104 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 20:59:03 ID:A0mS+eWy0
ワロタw兄さんたち、やりたい放題だなw
メビウスがいてもやっぱり末っ子扱いなタロウモエスw
修行に出るといいながら近場の80の家に行く辺り、『のび太の家出』に通じる物がある。

あ、ユリアンさん、80先生になんか美味しいもんでも食べさせてあげて……。

105 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 21:00:19 ID:xAbjyVc80
>>103
(通りかかったジョーニアス)
(80の家の前でてんやわんやのM78星雲人を見て、カメラに振り返って)

ジョーニアス「ダメだ、こりゃあ!」

106 :ならばこちらも特訓ネタ:2007/02/23(金) 21:06:47 ID:fv6WQlcZO
メビウス「タロウ教官。
今日の訓練は何をするんですか?」
タロウ「今日行うのは、乗り物の操縦の訓練だ。」
メビウス「操縦……ですか?」
タロウ「そう、操縦だ。
いいか、メビウス?
地球に派遣されたウルトラマンは、皆例外無く戦闘機に乗り込む事になる。
場合によっては、車や潜水艦なんかに乗る事もあるんだ。」
メビウス「つまり、そういう場合に備えての訓練という訳ですね?」
タロウ「そうだ。」
メビウス「けど教官。
一体、どんな物を使って訓練するんですか?」
タロウ「戦闘機の操縦訓練用にお誂え向きの物を、既に見つけてある。
何と、あの父さんが愛用していた道具だ!」
メビウス「大隊長の!
そんな凄い物を、僕に使わせてくれるんですか!」
タロウ「ああ、準備は既に出来ている。
さあ、始めようか!」
メビウス「はい!」



父「やっぱり無いな……
しかし、別の場所に置いた覚えはないんだが……?」
母「あなた、どうしたんですか?」
父「ここに置いといたソリが無くなってるんだ。
庭のトナカイもいなくなってるし……ふむ。
まあ、まだクリスマスの季節は大分先だし、ゆっくり探すとするよ。」


107 :名無しより愛をこめて:2007/02/23(金) 21:23:06 ID:VpQQPbqW0
>>106
いや、戦闘機の操縦の訓練にはならんだろwww(最近ファミ劇でやってたの見たから更に)茶吹いた

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)